三星電子、第1四半期の営業利益が34%減

三星電子、第1四半期の営業利益が34%減

2011年04月07日10時35分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  三星(サムスン)電子は7日、連結基準で売上高37兆ウォン(約2兆9000億円)、営業利益2兆9000億ウォンとする第1四半期業績の速報値を発表した。前年同期比で売上高は6.8%増え、営業利益は34.2%減った。昨年第4四半期と比較すると売上高は11.6%減り、営業利益は3.7%減少した。

  三星電子の第1四半期営業利益は2009年第2四半期の2兆5700億ウォン以後で最も少なく、売上高は昨年第1四半期以後の最低値だ。

  業界専門家は第1四半期の業績不振は、LCDなど主力製品の価格が1月から3月にかけ下落傾向にあったためと解説している。

  この日発表した業績は速報値で、三星電子は今月末に第1四半期業績の確定値を発表する予定だ。

【ホットクリック】

・「チェルノブイリ」と「福島」原発事故への日本の対応の違い
・日本政府、「放射能、直接韓国へ」
・「人間の盾で自国民を虐殺したのは誰?」 日本教科書に米国民が怒り
・北朝鮮の潜水艦に怪しい動向
・イ・ナヨン、ペ・ヨンジュン所属事務所と決別
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事