潘基文「身を政治と外交の半々に置くのは間違っている」

潘基文「身を政治と外交の半々に置くのは間違っている」

2014年10月27日18時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長が次期大統領選挙に関して「身を政治と外交の半々に置くのは間違っている」と明らかにした。兪奇濬(ユ・ギジュン)国会外交統一委員長が27日、明らかにした。

  同日、国会で開かれた外交通商委員会の国政監査で兪委員長は、今月11日にワシントンの在米韓国大使館で開かれた国政監査の進行のために訪米した際、潘総長に会って次期大統領選挙出馬説について質問したとし、潘総長の回答内容を公開した。

  潘総長は当時「(私が)政治に身を置いたことのない者だということを知りながら、なぜそのようなことを聞くのか」という趣旨で、このように述べたという。

  これに先立ち、金星坤(キム・ソンゴン)議員(政治民主連合)は、最近実施された次期大統領選挙の支持率調査の結果、潘総長が圧倒的な1を占めたことについて尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官の意見を聞いた。

  これについて尹長官は「潘総長がこのような報道を知れば非常に戸惑うと思う。国連総長として国際社会の懸案に没頭しているところにこのような報道が出れば、現在の業務より特定国家の利害関係に関する未来業務に気を回しているとの誤解を与えかねない」とし「国内政治と関連したこのような報道は、最低でも潘総長在任中には議論されないことが事務総長としての業務に役に立つと考える」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事