韓国映画『Rampant』、全世界ファンの熱い関心と期待

韓国映画『Rampant』、全世界ファンの熱い関心と期待

2018年09月07日15時09分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『Rampant』
  映画『Rampant(キム・ソンフン監督)』が全世界の観客の関心が集まっている。『Rampant』は生者でも亡者でもない「夜鬼」が跋扈する世の中で危機の朝鮮に戻った王子イ・チョン(ヒョンビン扮)と朝鮮を飲み込もうとする絶対悪キム・チャジュン(チャン・ドンゴン扮)の流血の戦いを描いたアクションブロックバスター。世界4大陸19カ国で同時公開を前にして『Rampant』を待っている全世界の反応が尋常ではない。

  韓国をはじめ、米国、オセアニア、香港、シンガポールなど各国の言語で公開されたグローバルポスターに対する熱い反応が続いている。それだけでなく、8月27日第1次予告篇を公開した直後、韓国の主なポータルサイトではリアルタイム検索ワードランキングをはじめ、多くクリックしたクリップ1位に上がった。映画に向かった熱い関心を証明したのはもちろん、現在400万以上のヒット数を記録して観客の期待感を実感させた。

  全世界の関心を証明するかのように、世界のユーチューバーが『Rampant』の予告篇に対する多様なリアクションを見せており、注目を集めている。まず、韓国文化に対するさまざまな反応をアップロードして人気を得ている米ユーチューバーのHi Chadは「全身に鳥肌が立った」「500年前を背景にしているにもアクションが素晴らしくて楽しい」「剣を使うアクションが本当に印象的だ」「公開すればすごいと思う」など称賛した。また、外国人に韓国文化を発信しているユーチューバーのHawaiiKhoonはフィリピン、香港、中国、米国、台湾の友達に予告篇を見せたところ、「ものすごく面白そうだ」「ヒットしそうだ」「銃でない刃物と弓を使ったアクションが素晴らしい」「予告篇だけ見ても世間の注目を集める。ヒットしそうだ」など多様な反応を示し、国境を越えた関心を実感させた。

  『Rampant』は10月末、ハロウィンシーズンに公開される予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事