「韓国人3人、香港警察のデモ鎮圧時にゴム弾で撃たれる」

「韓国人3人、香港警察のデモ鎮圧時にゴム弾で撃たれる」

2005年12月21日17時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  香港を訪問中の姜基甲(カン・ギカプ)民主労働党議員は21日、拘束者11人を面会した後、記者会見し「拘束された全国農民会総連盟(全農)メンバーのカン・スンギュ氏が『当時、左の太ももをゴム弾で撃たれて倒れた』と主張した」とし、香港警察の過剰な対応を非難した。カン氏は、姜議員との面会で「警察が5メートル前方から直径4センチくらいの黒いゴム弾を発砲した。右側の太ももにあざができ、きちんと歩けずにいる」と話した。

  姜議員によると、他の全農所属農民2人もゴム弾で撃たれて倒れたが、連行を懸念し、黙って帰国した。これについて、香港の趙煥復(チョ・ファンボク)総領事は「香港当局が『当時、催涙弾まで使うよう許した』、『懸案の深刻性から、再確認する』と答えた」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事