「トランプ氏は狂った大統領…核兵器を発射しないか心配」

「トランプ氏は狂った大統領…核兵器を発射しないか心配」

2017年08月31日13時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国のジミー・カーター政権で副大統領を務めたウォルター・モンデール元副大統領が29日(現地時間)、トランプ大統領を「狂った大統領」と批判し、「このような大統領が核兵器発射の権限を持つというのは恐ろしい」と懸念を表した。

  モンデール氏はこの日、地域紙ミネソタポストのインタビューで「現在の米国の核ミサイルは大統領が承認すれば直ちに発射するよう規定されている」とし「(トランプ大統領の核ミサイル発射の可能性を)恐れるのが当然だ。恐れるべきだ。なぜ恐れないのか分からない」と述べた。

  このような発言は、トランプ大統領が北朝鮮のミサイル挑発に対して最近「炎と怒り」「軍事的解決」などの強力な軍事警告を出している中、トランプ大統領が独断的に「核ボタン」を押しかねないという米国内の懸念を見せている。

  またモンデール氏は「ウォーターゲート事件」で下野したリチャード・ニクソン元大統領の例に挙げながら「ニクソン大統領が狂い始めた時、当時の政権の核心国家安保関係者の一部はニクソン大統領が狂った行動をとらないよう防ぐ計画を準備した」とし「そのような類の対話が今進行しているのかもしれない」と指摘した。

  モンデール氏は「トランプ大統領の周囲に人がいるが、ほとんどが軍人」とし「彼らは概して安定的で強く、やや安定感を提供するようだ。しかしそのほかはめちゃくちゃ」と指摘した。続いて「トランプ大統領は非常に孤独で不安に見える。予断はしないが、今後トランプ大統領がやめて家に帰ることもあり得る」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事