「ヒ素検出」日本製BCGワクチンを回収=韓国

「ヒ素検出」日本製BCGワクチンを回収=韓国

2018年11月08日08時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国保健当局が基準を超えるヒ素が検出された日本製経皮用BCGワクチンの回収措置を取り、安全なワクチン接種を受けることができる医療機関リストを公開した。

  韓国食品医薬品安全処は7日、「日本厚生省が結核予防のために1歳未満の乳児が接種するBCGワクチンの添付溶剤(生理食塩液)から基準を超過するヒ素が検出され、出荷を停止したと発表したことを受け、国内で該当製品を回収する」と伝えた。回収対象製品は日本ビーシージー製造の「経皮用乾燥BCGワクチン」。14万2125個の製品が流通したことが確認された。

  経皮用ワクチンは皮膚に注射液を塗った後、9本の針がついた注射器を使ってスタンプを押すようにして接種する。1つの製品にワクチンアンプルと生理食塩液、接種用針がセットで包装されている。ヒ素が検出されたのはワクチン自体ではなく生理食塩液。

  日本厚生省は「ワクチンではなく添付の溶剤がヒ素の基準を超過した」とし「国立医薬品食品衛生研究所の健康影響評価の結果、ヒ素はごく微量で安全性に問題はなく、回収せず製造所の出荷だけを停止した」と発表した。添付の溶剤に含まれたヒ素は0.039マイクログラムと、一日の許容量の1/38水準。接種しても問題はないということだ。

  しかし韓国保健当局はひとまず製品を回収することにした。食品医薬品安全処は「日本厚生省の措置を綿密に検討する」とし「国内にBCGワクチンの代替品があり、回収しても需給不足問題は生じないと判断し、まず該当製品の回収措置を取る」と明らかにした。現在、国内で許可されて供給中の代替製品は皮内用ワクチン。無料で接種を受けることができる国家予防接種ワクチンがこの製品だ。

  疾病管理本部によると、皮内用BCGワクチンは現在、十分に供給されている。来年上半期まで40万人以上の接種が可能だ。しかし皮内用BCG接種を受けることができる医療機関が全国保健所・指定医療機関372カ所に限られる。

  疾病管理本部は「皮内用BCGワクチン接種を受けることができる指定医療機関372カ所は予防接種ガイドホームページで確認できる」とし「保護者は近くの保健所・指定医療機関を事前確認してから訪問してほしい」と要請した。

  食品医薬品安全処は「回収措置による経皮用乾燥BCGワクチン供給への支障を最小化するため追加の対策を速かに出す」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事