<平昌五輪>韓国と激突控えた日本女子カーリング主将、笑顔で韓国語「カムサハムニダ」

<平昌五輪>韓国と激突控えた日本女子カーリング主将、笑顔で韓国語「カムサハムニダ」

2018年02月22日10時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国女子カーリング代表チーム
  2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)準決勝で韓国女子カーリング代表チームと正面対決する日本女子カーリング代表チームのスキップ(主将)の藤沢五月が「日韓戦を楽しみにしている」と述べ、韓国に挑戦状を突きつけた。

  藤沢は21日、平昌五輪女子カーリング準決勝進出を確定させたあと、ミックスゾーン(共同取材区域)でのインタビューで「日韓戦を再び戦うことになり楽しみ」とし「私たちはどのチームよりも意欲にあふれている」とコメントした。特に「予選の韓日戦後、韓国ファンから高い注目を集めている」という取材陣の話を聞き、藤沢は韓国語で「カムサハムニダ(ありがとうございます)」と言って笑った。あわせて「素直に韓国での五輪に出られてうれしい。みなさんに注目してもらって、すごくうれしい」と付け加えた。

  この日、日本スポーツ専門紙「スポーツ報知」は「藤沢五月が韓国内で人気女優パク・ボヨンに似ていると話題」と伝えた。続いて「韓国代表のスキップは眼鏡がトレードマークの金恩貞(キム・ウンジョン)。チームの所在地・慶尚北道義城(ウィソン)がガーリックの名産地であることから『ガーリック娘』の愛称で熱い声援を受けている」とし「(米国を)9対6で撃破すると歓喜の輪が広がり、その中心にいたのが、大きな眼鏡をかけた金恩貞だった」と紹介した。

  藤沢は準決勝で再び韓国と対戦することになったことについて「韓国はアジア太平洋選手権大会やワールドカーリングツアーで何度も対戦しているチーム。観客も一番注目しているチームなのでとても楽しみ」と語った。

  藤沢は4位確定については「本当に運が良かった。タダでもらったこのチャンスをしっかりものにしていい試合をしたい」とし「予選最後の2試合は不運だったが、しっかり乗り越えて準決勝では頑張りたい」と韓日戦への意欲を示した。

  この日予選最終戦が終わった後、女子カーリング予選順位は韓国、スウェーデン、英国、日本となった。韓国はこの日午前、ロシア出身の五輪選手(OAR)チームを破り組1位を確定させていたが、熾烈な2~4位戦で最終順位はギリギリまで決まらなかった。

  これに先立ち、予選で日本に唯一敗北している韓国チームは、今回の再対戦で雪辱を果たしたい考えだ。前回は負けたが、日本との戦績は11勝8敗で勝ち越しているだけに、勝算は充分にあるというのが代表チームの分析だ。23日午後に開かれる準決勝で、1位の韓国は4位の日本と対戦する。2位スウェーデンは3位英国と決勝をかけて戦う。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事