旧日本軍慰安婦被害者「米国が問題解決のために日本を圧迫してほしい」

旧日本軍慰安婦被害者「米国が問題解決のために日本を圧迫してほしい」

2017年09月28日08時49分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  旧日本軍慰安婦被害者が米政府が直接国連会議の際、韓日慰安婦合意が不当であることをを指摘してほしいと米国に求めた。

  韓国挺身隊問題対策協議会(挺隊協)と旧日本軍慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)さんは27日、ソウル龍山区(ヨンサング)駐韓米国大使観南営洞(ナミョンドン)別館を訪問し、ことし11月の国連国家別普遍的・定期的レビュー(UPR)の際、韓日慰安婦合意の問題点を指摘して日本政府の公式謝罪と法的賠償などを促してほしいと要請した。

  国連UPRは国連人権理事会が加盟国の人権状況を検討するために開く会議で、ことし11月に開かれる第28回会議では韓国と日本が提出した国家報告書に対する審議が行われる。

  金さんは「どうか米国が戦争準備に集中するのではなく、この問題が解決されるように日本を圧迫してほしい」とし、「米国が乗り出せば安倍氏が勝手にできないだろう」と話したと挺隊協は伝えた。

  挺隊協と金さんは翌月、ドイツ・カナダ大使館との面談でも同じ内容を求める予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事