日本テレビ番組に登場したCJの調味料「ダシダ」が人気

日本テレビ番組に登場したCJの調味料「ダシダ」が人気

2009年08月31日18時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   CJ第一製糖(チェイルジェダン)の調味料「ダシダ」が日本で旋風的な人気を呼んでいる。 月平均輸出額の6倍に増えている。

  CJ第一製糖の関係者は31日、「特需による予想外の注文量急増で、日本輸出量を増やすために特別生産に入った」とし「現地向け製品を開発してほしいという要求が入るなど、ダシダに対する日本消費者の関心が高まっている」と明らかにした。

  このような「ダシダ」日本特需の発端は、11日に日本のテレビで放送された「魔女たちの22時」。11日の放送では肌が美しい韓国出身の40代の主婦がその秘法に韓国料理のプゴク(明太スープ)を推薦した。 料理は、干し明太を水に入れ、韓国調味料のダシダを一緒に加えればすぐに出来上がる、という内容だった。

  この日の視聴率は17.5%を記録するほどの人気で、日本ではあまり知られていないプゴクへの関心とともに、ダシダに対する日本消費者の問い合わせと注文が殺到した。

  現在「ダシダ」の日本輸出量は年間平均10億ウォン(約8000万円)前後、月平均輸出額は8000万ウォン程度で、ほとんどが在日同胞を対象に販売されてきた。 しかし放送直後の12日から売り切れが続出し、CJ第一製糖は今月だけで5億ウォンの輸出額を記録した。

  こうした現象は韓国に来る日本人観光客の間でも同じだ。 日本人観光客が集まるロッテ百貨店本店の場合、一日平均の「ダシダ」売上高は10万ウォン前後だったが、14日から販売量が急増し、週末には50万ウォン以上の売り上げを記録している。

  1975年に登場した「ダシダ」は現在、米国・中国・日本・東南アジアなど34カ国に輸出されていて、年間300億ウォン以上の海外売上高を記録している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事