ギャラクシーノート9公開…危機のサムスン電子を救う?(1)

ギャラクシーノート9公開…危機のサムスン電子を救う?(1)

2018年08月10日09時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
9日(現地時間)、米ニューヨークのバークレイズセンターで開催された「サムスンギャラクシーアンパック2018」でサムスン電子の「ギャラクシーノート9」が公開された。ブルートゥース機能が搭載されたSペンで写真撮影などが可能だ。(写真=サムスン電子)
  9日(現地時間)、米ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズセンター。サムスン電子がグローバルメディアとパートナーなど約4000人を招請して準備した「サムスンギャラクシーノート9アンパック2018」行事が開幕すると、高東真(コ・ドンジン)サムスン電子IM部門長(社長)が舞台に登場した。高社長はやや緊張した表情で「ギャラクシーノート9は使用者が必要とする機能と性能、インテリジェンスなど、すべてのものを備えた最高のスマートフォン」と強調した。

  グローバル市場調査会社IDCが最近発表した今年4-6月期の世界スマートフォン販売台数はサムスン電子にとって衝撃だった。サムスン電子は依然として7200万台で1位だったが、中国のファーウェイとシャオミがそれぞれ2位と4位に浮上し、米国のアップルが3位に落ちた。しかし前年同期比でアップルの販売台数は変化がほとんどない半面、サムスン電子の減少が目立った。ファーウェイとシャオミがアップルではなくサムスン電子の顧客を奪ったのだ。こうした状況でこの日公開されたギャラクシーノート9がサムスン電子に「救援投手」のような役割をするかどうかが注目される。

  ノート9のハイライトはSペン。ブルートゥース機能を搭載し、本体と10メートルほど離れた状態でもSペンに付いたボタンを押す動作だけでカメラと動画・ギャラリーなどを遠隔制御できる。例えばノート9からSペンを分離してボタンを長く押すとカメラは実行され、自撮りモードでSペンボタンを押して撮影できる。自撮り棒の代わりになる機能だ。またプレゼンテーションをする時はSペンボタンを1回押すと次のスライド、2回押せば前のスライドを見ることができる。Sペンボタンを長く押してすぐに実行できるアプリケーションは使用者が指定して命令を設定できる。Sペンはスマートフォンに戻せば40秒後に完全充電される。充電されたSペンは待機時間基準で30分または最大200回までボタンを押すことができる。

  カメラのインテリジェント機能も強化された。団体写真で誰かが目を閉じたり揺れて鮮明に撮影されなかった場合、これを自動で感知して「目を閉じました」「写真が揺れました」などの案内メッセージが出る。レンズが汚れている場合や逆光の場合も知らせてくれる。

  そのほか過去最強の性能が強調された。ノート8に比べて21%容量が増えた4000mAhのバッテリーを搭載し、高性能10ナノ(nm)プロセッサを搭載してダウンロード速度は最高1.2Gbpsにのぼる。ディスプレーも歴代ノート製品で最大の6.4インチ画面だ。

ギャラクシーノート9公開…危機のサムスン電子を救う?(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事