【コラム】廉恥心を失った韓国社会(1)

【コラム】廉恥心を失った韓国社会(1)

2015年05月26日13時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先週翻訳出版された『米国の世紀は終わったのか?(Is the American Century Over)』は、ハーバード大学のジョセフ・ナイ客員教授の最新著書だ。米国きっての国際政治専門家の1人であるナイ教授は本の中で、米国の世紀を終息させかねない潜在的な対抗勢力の実力を1つひとつ点検することから始めている。彼の分析によれば欧州連合(EU)・日本・ロシア・インド・ブラジルはいずれも米国のライバルにはなれない。唯一可能性がある国は中国だ。

  だが中国もまた、ハードパワーやソフトパワー、そしてその総合であるスマートパワーで少なくとも数十年以内に米国を凌駕する可能性はないと断言する。したがって外部からの挑戦によって米国の世紀が終わる可能性はないということだ。ただし彼が心配しているのは米国の問題だ。ローマ帝国が内部の分裂と腐敗のために崩れたように、米国が自らの問題のために衰退の道を歩むことになる可能性を警戒しなければならないということだ。

  ナイ教授が最も深刻だと考えていることの1つが政治システムだ。彼は米国の政治制度のあちこちに席を占めているマヒ現象のために、国力の構成要素が現実的な力を発揮できないほど政派的対立による国政マヒが深刻なレベルだと指摘している。たとえ昨日今日の問題ではなくても、重要なことは今のこうした制度で未来に直面することになる問題に果たして耐えられるかという点だと、彼は深い憂慮をあらわしている。

  現代の民主主義が抱えている共通した問題の1つは「終わりなき選挙運動(endless campaign)」だ。ジョージ・W・ブッシュ大統領の政治参謀だったカール・ローブが好んで使った言葉だ。大統領選挙が終われば総選挙があり、総選挙が終われば地方選挙がある。手段や方法を問わず選挙で勝つことが政治家たちの唯一の目的になった。相手に勝つためならばどんなことも拒まない。遵法と違法の間で危険な曲芸をして不正な取り引きもはばからない。後ろ指をさされても勝ちさえすればそのままやり過ごせることを知っているので今勝つことが重要なだけであり体面も何も関係ない。厚顔無恥な政治家たちの破廉恥な様子は程度の差だけで、民主主義をするすべての国であらわれている現象だ。

  先週末、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の6回忌の式場で盧大統領の息子建昊(コンホ)氏が金武星(キム・ムソン)セヌリ党代表に向かって強烈な直球発言を投げかけた。彼は「元大統領が北方限界線(NLL)を放棄したとして降りしきる雨の中で首脳会議録の一部を義憤を込めながら読み続けた姿が鮮やかに目に浮かぶが、大変なことをしてくれた」として金代表を堂々と嘲弄した。いくら言いたいことがあっても時と場所は選ぶべきだ。弔問客に対し、喪主が面前で恥をかかせることは礼儀ではない。故人に対する礼儀でもない。

【コラム】廉恥心を失った韓国社会(2)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事