韓米外相、金正男氏殺害に「深刻性重く受け止めている」

韓米外相、金正男氏殺害に「深刻性重く受け止めている」

2017年02月17日14時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  16日(現地時間)、ドイツ・ボンで行われた韓米外相会談で、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官とレックス・ティラーソン米国務長官は、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件に対して「今回の事件の深刻性を重く受け止めている」と明らかにした。

  尹長官は今月7日、ティラーソン長官と電話会談をした事実に言及して「その時は『問題は北朝鮮が挑発をするかしないかではなく、いつするか』と話していたが、実際わずか1週間も経たないうちに北朝鮮が挑発をし、正男氏殺害というあまりにも異常な事件(too extraordinary event)が発生した」と話すと、ティラーソン長官もこれに頷き共感を示したという。両氏はまた「衝撃的な事件の後、これをどのように分析するか共に協議するという側面で、今回の会談が時期適切」という意見で一致したという。

  外交部当局者は「まだ捜査が進行中の事案なので具体的な言及は避けるものの、両長官は今回の事件の深刻性を重く受け止めるということで意見が一致した。また、これに関連し、国際社会の対応を引き出していくために緊密に調整していくことにした」と伝えた。これは、マレーシア当局の捜査の結果、正恩氏の指示によって暗殺された事件であることが明らかになれば、韓米が共同で国際社会に対して問題提起をして対応していくということだ。

  続けて開かれた韓日米外相会談で3国長官は、今回の事件に関連した文言を共同声明に入れた。共同声明は「北朝鮮内の組織的かつ広範囲で、重大な人権侵害に対する国際的な関心を引き続き喚起していく」と明らかにした。外交部当局者は、この表現が正男氏殺害を念頭に置いたものなのか尋ねる質問に対して即答を避けつつも、「そのほぼ同じ時期にこの文言が入ったと見ればよい」と述べ、事実上、同事件に対する言及であることを示唆した。

  「組織的かつ広範囲で、重大な人権侵害」という表現は、北朝鮮内の人権侵害の実態を告発した2014年国連北朝鮮人権調査委員会(COI)の報告書で使われた表現を借用したものだ。当時、報告書は「grave(深刻な)」という表現を使っていたが、今回の共同声明はこれよりもさらに強い表現である「gross(重大な)」を使った。

  尹長官、岸田文雄外相、ティラーソン長官は会談中に同件に関して直接意見を交わしたという。

  

  会談に同席した当局者は「尹長官が、北朝鮮は本当に異常なほど唯一無二だ(uniquely unique)と表現しながら、今回の事件もそのような側面で理解するべきではないかと述べた」とし「北核問題に対する総体的アプローチについて考える時、北朝鮮の人権問題や北朝鮮内部の変化を誘導するために北朝鮮内での情報流入問題などを共に扱う、そのような側面から大きな枠組みで今回の事件を見ようと3人の長官が意見を交わした」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事