サムスン電子の屈辱…中国の華為に押され「その他のメーカー」に転落

サムスン電子の屈辱…中国の華為に押され「その他のメーカー」に転落

2016年11月25日08時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
華為が今月公開したプレミアムスマートフォン「メイト9」。海外市場で好評を受けているという。 (写真=華為)
  サムスン電子の面子に傷がついた。世界のアンドロイドスマートフォン市場で、これまで守ってきた営業利益1位の座を中国の華為に明け渡した。サムスン電子は「その他のメーカー」に落ちた。ギャラクシーノート7の生産中止のためだ。

  市場調査会社のストラテジーアナリティックス(SA)が22日(現地時間)に発表した「2016年7-9月期のグローバルスマートフォンの営業利益額シェア率」によると、アップルは営業利益85億ドル(約9631億円)で、市場全体の91.0%を占めた。これは歴代最高値となった。

  中国の華為は、2.4%で2位だった。中国のVIVOとOPPOがともにシェア率2.2%で華為の後に続いた。これら中国スマートフォン三銃士の合計シェア率は6.8%だ。

  サムスン電子は、アップルと中国3大メーカーを除いた「その他のメーカー(2.2%)」に含まれた。サウスチャイナ・モーニングポストはSAのアナリスト、ニール・モーストン氏の言葉を引用し、サムスン電子は7-9月期に営業利益額シェア9位へ滑り落ちたと報道した。

  SAによると、サムスン電子の7-9月期の世界シェア率は21.0%で1位だった。出血も甘受し、スマートフォンを販売し、市場1位の座を守ったという解釈が可能だ。

  サムスン電子はこれまで、アップルとともに営業利益額シェア率を独占していた。市場調査会社カナコード・ジェニュイティによると、今年4-6月期の2社の営業利益額シェア率は合計106%だった。アップルの営業利益額シェアは75%、サムスン電子は31%だった。2社を除く他のすべてのスマートフォンの製造会社は赤字になったという意味だ。

  SAのアナリスト、ニール・モーストン氏は華為について「効率的なサプライチェーンと優れた製品、効果的なマーケティングで収益性を大幅に高めた」と話した。

  しかし、モーストン氏は「サムスンがギャラクシーS8といった新たな主力製品を発売すれば、アップルに続き世界で2番目に収益性がよいスマートフォンの供給業者に返り咲くものと見ている」と予想した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事