ペルラン前仏文化部長官「平昌五輪の成功に向けて私も力になりたい」

ペルラン前仏文化部長官「平昌五輪の成功に向けて私も力になりたい」

2017年03月15日14時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
平昌五輪フランス語協力最高責任者に就任したフルール・ペルラン前フランス文化部長官
  「大統領の罷免で平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に対する韓国政府の行政的支援にやや支障が出るかもしれませんが、オリンピック組織委が懸命に準備しているので、成功裏に開催されるものと考えています」。

  平昌冬季五輪でフランス語の活用を促進する任務を引き受けたフルール・ペルラン前フランス文化部長官(44)は13日午後、駐韓フランス大使館で開かれた記者懇談会でこのように話した。養子縁組を通じてフランス養父母の元で育った韓国系のペルラン氏は、フランスの中小企業・革新・デジタル経済担当長官など3部署のトップを歴任した後、昨年初めベンチャー投資会社「Korelya」を設立した。

  ペルラン氏は「2016年夏季リオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)当時、ブラジルも韓国と同じような状況(ジルマ・ルセフ前大統領の弾劾)だったが五輪を成功させた」とし「平昌五輪がうまくいくように私も力になりたい」と述べた。

  ペルラン氏はことし1月、フランス語圏の国際機構から平昌五輪の「フランス語協力最高責任者」に任命された。平昌五輪で使われているフランス語を点検するなど言語サポートや文化関連業務で役割を果たす。

  ペルラン氏は「昨年4月に平昌を初めて訪れたことに続き、先週末はフランス語支援業務のために平昌を訪問した」とし「その間に平昌に多くの変化が起きていることを目の当たりにした」と述べた。

  ペルラン氏は「平昌五輪のホームページやSNSをフランス語に翻訳するなど、通翻訳業務をサポートしていく」とし「五輪大会期間中は10~15人の通訳者を支援するだろう」と付け加えた。ペルラン氏は文化交流レベルで韓国青年に人気のフランス語圏の漫画、音楽、eスポーツ分野の要人を招くという計画も明らかにした。ペルラン氏は「フランスでは日本語よりも韓国語を学ぶ人々が増え、韓国に留学するフランス大学生も増加している」とし「私もまた韓国について多くのことを知るようになり、韓国がますます好きになっている」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事