韓経:中国経済、ハードランディング懸念は弱まったが…

韓経:中国経済、ハードランディング懸念は弱まったが…

2017年02月17日13時02分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年に入って中国経済のハードランディング懸念は弱まったが、まだ安心するのは早いと、グローバル投資銀行(IB)のゴールドマンサックスが警告した。負債の急増を防ぐための中国政府の流動性抑制政策が成長率の急落を招くこともあるという理由でだ。

  16日のブルームバーグ通信によると、ゴールドマンサックスは最近発表した報告書で、急激な負債膨張と過度な財政支出拡大を中国経済が直面している「深刻なリスク要因」に挙げた。ゴールドマンサックスは今年の中国の経済成長率が前年比で急激に低下するより緩やかに下降すると予想した。しかし潜在的リスク要因が現実化する場合、中国経済はもちろん中国経済に依存度が高いアジア国家も打撃を受けるという見方を示した。

  人民銀行によると、中国の1月の新規人民元貸出は2兆300億元と、前年1月以来1年ぶりの最高水準となった。これを受け人民銀行は今年に入ってリバースレポ金利を引き上げるなど流動性の供給を減らしている。

  ゴールドマンサックスは「中国政府の目標は実体経済の冷え込みを誘発せずに負債の膨張を効果的に抑制することだが、こうした政策目標を達成しにくい場合もある」と指摘した。流動性に敏感な不動産市場が急激に冷え込み、中国の実物景気に衝撃を与える可能性があるということだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事