<W杯>ベスト16で負けてもゴミ拾った日本…感動ショーの後ろには「迷惑意識」(2)

<W杯>ベスト16で負けてもゴミ拾った日本…感動ショーの後ろには「迷惑意識」(2)

2018年07月04日15時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  反面、日本人の今回の行動を別の視角から見る向きもある。匿名を求めた外交専門家は「W杯というグローバル行事だったため、西欧世論に対する意識がある程度反映されたかもしれない」と評価した。この専門家は「日本人との個人的な関係のために名前を明かすことはできない」とし「選手団と応援団は皆、日本を代表するという意識を持っていた中で、『何か違う姿を見せよう』と考えたかもしれない」と分析した。この人物はまた「習慣化した行動を最大化することによって『差別化された日本人』を自ら発見する過程という解釈も可能だ」と説明した。ただし、このような分析が主流というわけではない。

  現代日本学会長を務めた国防大学のパク・ヨンジュン教授は「私も日本留学時代、このような行動の理由が気になって日本人によく聞いたことが思い出される」とし「2011年福島原発事故の時も世界が日本に注目し、その血なまぐさい場所の中でも日本人が見せた秩序意識に世界が感心した。そのような姿を見る時、ロシアW杯で見せてくれた日本サッカーファンの行動が西欧世論を意識したためだと見るのは難しいと思う」と話した。

  こうした意見がある中、韓国人の意識を日本と比較しながら自虐のほうへ流れる雰囲気を警戒する声もある。実際、SNSでは「韓国人の国民性ははるかに下だ」「我が国にはマナーのない人だらけ」というコメントが出回っている。ソ・スンウォン教授は「米国・欧州の人々と比較すると、韓国の水準はそれなりに高く、劣っているわけではない」とし「韓国人も世界的に見た時、水準が高いという点を忘れずにいて、一層発展させていくように努力するのが合理的だ」と話した。

  赤い悪魔のイ・ドンヨプ議長も「我々も我々だけの秩序意識をW杯で実践した」とし「海外メディアが日本だけを注目したとからといってその国を蔑視するつもりはなく、引き続き先進的な応援文化を作り出ていく」と明らかにした。

<W杯>ベスト16で負けてもゴミ拾った日本…感動ショーの後ろには「迷惑意識」(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事