たばこをくわえると窓が開く…百度AIロボットが起亜車に

たばこをくわえると窓が開く…百度AIロボットが起亜車に

2019年01月08日14時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国ポータルサイト「百度」がCES2019で展示する起亜「スポーテージ」。中国から米ラスベガスに搬送した。(写真=バイドゥ)
  中国最大の検索ポータルサイト「百度(バイドゥ)」が開発した人工知能(AI)の新技術が世界で初めて韓国起亜自動車のスポーテージに搭載される。百度のレイモンド・チャン車両用インターネット(Internet of Vehicle、IoV)技術総監は「百度と現代車グループは昨年8月、百度が開発したAI新技術を無条件に現代車グループの自動車に最優先搭載する契約を締結した」と述べた。「中国のグーグル」と呼ばれる中国最大ポータルと韓国最大自動車企業がAIで手を握ったのだ。

  百度は8日(現地時間)から4日間の日程で米ラスベガスで開催される家電見本市「2019CES」でスポーテージを展示する。この車は一見、一般のスポーテージと変わらないが、百度が開発した人工知能(AI)の新技術が取り入れられている。中間(センターフェイシア)にはAIロボットの感情を表すモニターも初めて搭載された。韓国では百度がネイバーのようなポータルサイトとして知られている。しかし同社はグーグルのようにポータルのデータを応用しながらさまざまなAIサービスを手掛けている。レイモンド・チャン技術総監に7日(現地時間)、単独インタビューをした。

  --起亜車に最初に搭載したAIロボットはどんな役割をするのか。

  「昨年、現代車の中型SUVサンタフェに適用した技術(Duer OS Auto)は運転手が言葉でナビゲーションやエアコンディショナーなど車を操作できる音声認識技術だった。今回公開したスポーテージはAIが運転手に適した状況を制御する。例えば運転手がたばこを取り出して口にくわえればAIが判断して運転席の窓を開ける。眠たくてあくびをすれば『疲労運転(fatigue driving)』警告とともに休憩を勧める。補助席、後部座席の同乗者の表情も感知する。表情を見ながら音楽を流し、音楽を聴きながら眠れってしまえば音量を低める。従来の音声命令は『ヘイ、グーグル』などコンピューターが認知できる命令語を言った後に命令を出す必要があったが、百度AIは命令を出さなくても作動する」

  --なぜスポーテージに搭載したのか。

  「昨年8月、百度が車両用AI新技術を現代車グループの自動車に優先的に搭載するという契約をした。百度が車両用AIソフトウェアを開発すれば、現代モービスのハードウェアを利用して現代・起亜車がまず搭載する。これを最初に適用したのがスポーテージだ」

  --車両用AIロボットの最終的な目的は。

  「現代・起亜車の運転手が百度のAI機能全体を使用できるよう車両用AIを開発することが最終的な目標だ。CESでスポーテージに搭載したAIロボットはこのような目標に向かっていく過程だ。このロボットを量産車に搭載した百度の最初の顧客が現代・起亜車だ。百度と現代車グループはコネクテッドカーを共同開発している。すでに現代車が昨年発売した中国専用準中型スポーツセダン(ラフェスタ)は百度のコネクテッド技術を一部の取り入れている。これを経て長期的に百度が推進している自動運転車開発プロジェクト(アポロプロジェクト)で現代車が参加する範囲を拡大する案も模索している」

  --BMW、ボルボ、フォードとも協業中だが。

  「昨年まではフォード自動車にAI新技術を最も多く適用した。ボルボ、BMWにはAI技術の一部だけを提供した。顧客が車種に適したAI機能を要求すれば協議して提供する形だ。しかし今後、百度が開発したAIロボット最新技術は現代・起亜車が最初に搭載することになる。CESのブースにスポーテージを展示した理由だ」

  --自動車にAIを取り入れた理由は。

  「検索エンジンで百度は大量の消費者データを蓄積している。これは大規模な情報処理が可能なコンピューティング技術とAI技術を開発する契機になった。AIはデータを基盤とするが、意図せずAI研究に適したデータが集まった。内部で検討した結果、AI技術を実物に適用できる最適な候補2つを選んだ。一つは家具で、もう一つが自動車だった。特に自動車が最適な理由は、運転手に必要な機能を百度のAIロボットが提供できるからだ。例えば運転手は地図が必要だが、百度AIは世界で最も精密な中国地図を保有している。また、百度は騒音や方言など変数の影響を減らしながら中国語の音声を最も速く正確に認識する技術もある」

  --無人走行車も開発するのか。

  「百度は自動運転車を開発している。グーグルが米国で試験運転に成功したように、百度も似た実験(アポロプロジェクト)をしている。すでに中国の空港・公園・観光地で数百台の百度自動運転車を運行中だ。2015年12月には北京の道路で自動運転車が試験運転に成功した。アポロプロジェクトが1万キロ走行し、約1万人を輸送する間、事故は1件もなく、8000人が乗り心地を高く評価した。(グーグルが昨年12月にアリゾナ州で始めた)無人タクシー商用サービスも中国の長沙地域で準備している。2020年には自動運転車部門が損益分岐点を越えるだろう」

  --一般の人はいつ自動運転時代を迎えるのか。

  「技術的に自動運転車の商用化時代はすでに開かれている。実際、中国北京国際空港ではすでに百度の自動運転バスが運営されている。輸出もした。日本のソフトバンクは百度の無人走行車を輸入して東京空港に投入した。カギはデータだ。十分な自動運転データを確保するほど完ぺきになる。百度の技術力から判断すれば、3年ほどデータを集めれば一般道路の走行が可能な自動運転車時代がくるとみている」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事