<W杯>ベスト16で負けてもゴミ拾った日本…感動ショーの後ろには「迷惑意識」(1)

<W杯>ベスト16で負けてもゴミ拾った日本…感動ショーの後ろには「迷惑意識」(1)

2018年07月04日15時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
試合後、清掃された日本代表チームのロッカールーム(写真=プリシラ・ヤンセンス氏のツイッター)
  「決勝トーナメント1回戦敗退後も途方もないショーが続いた」

  米紙USAトゥデイは2日(現地時間)、2018ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本-ベルギー戦(2-3ベルギー勝利)が終わった後、このように報じた。

  同メディアが言及した「途方もないショー」とは試合のことではなかった。試合終了後、観覧席で取った日本ファンの行動について説明したものだ。

  この日の試合で勝利を逃して悲しみを隠すことができなかった日本ファンは、運動場が徐々に静かになると、それぞれ青色のビニール袋を手に客席に捨てられたゴミを一つ一つ拾った。顔に白くペイントをしてピッチに向かって大声で応援していたファンも、日の丸の旗を体に巻きつけたまま手の感覚がなくなるまで拍手をしていた人も同じだった。日本代表選手もロッカールームをきれいに清掃した後、自国に戻った。整理されたロッカールームには「ありがとうございます。日本」という意味の言葉をロシア語で書いた紙をテーブルの上に置いた。これを見た国際サッカー連盟(FIFA)の職員は感銘を受けてロッカールームを撮影した写真をツイッターで紹介した。

  韓国では2002韓日W杯の時の応援団「赤い悪魔」が街頭応援で見せたこのような姿が海外メディアの注目を浴びた。ところが他国で開かれたアウェイチームの応援団がこのような行動を見せたことが注目を浴びたのは異例という評価がある。

  彼らはなぜ異国の地でもこのような行動を取ったのだろうか。韓国SNS利用者や外信は不思議だという反応を主に見せているが、韓国の日本専門家は「ごく平凡な日本人の姿」と評価する。専門家が真っ先に言及するのは日本の「迷惑意識」だ。子どものころから「他人に迷惑をかけてはいけない」という意識を自然に身につけたということだ。

  高麗(コリョ)大学日本語日本文学科のソ・スンウォン教授は「日本では幼稚園の時から実習を通じて公衆道徳意識を子どもたちに教える」とし「その結果、このような意識が社会的なルールとして軌道に乗り、その意識は外国に出たからといって変わることはない」と分析した。

<W杯>ベスト16で負けてもゴミ拾った日本…感動ショーの後ろには「迷惑意識」(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事