歌手キム・ヒョンジュン側が記者会見、「子どもに申し訳ない気持ちで生きる」

歌手キム・ヒョンジュン側が記者会見、「子どもに申し訳ない気持ちで生きる」

2015年09月17日14時54分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手キム・ヒョンジュン
  歌手キム・ヒョンジュンが子どもが実子という仮定で子どもに対する思いを伝えた。

  キム・ヒョンジュン側の法律代理人、法務法人チョンパのイ・ジェマン弁護士は17日正午、記者会見を行い、手書きの手紙を読み上げた。

  キム・ヒョンジュンは「手紙を書きながらも現実感がない。軍人身分の自分には妙な気持ちだ。子どもが生まれれば祝福するべきだが、想像でのみ自分に似ているのか考えてみる。子どもに申し訳ないという気持ちで生きていかなければいけない」とし「まだ、父親として準備ができているのか、どのように育てるべきか、眠るまでに一日に数十回も質問する。これも自分の考えにすぎず、法が命じるように従う」と書いた。続いて「いま相手側は子どもの性別だけを知らせて、血液型や病院に関する情報はない。近付けないよう嘘をつく」とした。

  子どもの母Aさんは今月初め、ソウルのある産婦人科で出産した。当時、Aさんの法律代理人ソン・ジョンムン弁護士は「子どもの性別など依頼人に関連する内容は私生活であり、これ以上明らかにすることはできない。キム・ヒョンジュン氏側がその間、依頼人が妊娠した子どもは実子ではないと話してきただけに、ソウル家庭裁判所を通じて実子確認訴訟を起こす」と述べた。

  昨年8月、Aさんはキム・ヒョンジュンを暴行致傷および傷害容疑でソウル松坡警察署に告訴した。その後Aさんはキム・ヒョンジュンを相手に16億ウォン(約1億6000万円)損害賠償請求訴訟を起こした。

  キム・ヒョンジュンは5月12日、京畿道高陽市(コヤンシ)陸軍30師団新兵教育隊に入所し、坡州(パジュ)30師団隷下部隊に配置されて服務している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事