フィッチ、韓国信用格付け4年連続で「AAマイナス」維持

フィッチ、韓国信用格付け4年連続で「AAマイナス」維持

2016年10月21日11時15分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国際信用評価機関であるフィッチが韓国の国家信用格付けをAAマイナス(安定的)のまま維持した。

  20日、韓国企画財政部はフィッチが韓国の信用格付けをこれまでと同じAAマイナスを維持したと明らかにした。フィッチは2012年9月、韓国の国家信用格付けを4つ目の等級であるAAマイナスに引き上げた後、4年間これを維持している。

  これは他の格付け機関であるスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)やムーディーズが付与した等級より一ランク低いもので、S&Pはことし8月AAマイナスからAAに上方修正し、ムーディーズも昨年12月S&P基準でAA水準のAa2等級をつけていた。

  フィッチは「韓国の安定したマクロ経済環境、堅固な対外健全性など」を肯定要因として、「北朝鮮関連の地政学的リスク、急激な高齢化、低い生産性など」を長期的挑戦要因として評価して今回の等級決定を両要因間の「バランスを保った結果」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事