アシアナ職員、大韓航空のように光化門で集会「会長のパワハラを暴露」

アシアナ職員、大韓航空のように光化門で集会「会長のパワハラを暴露」

2018年07月04日14時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アシアナ航空をはじめとする錦湖(クムホ)アシアナグループの職員が6日、ソウル光化門(クァンファムン)広場で「朴三求(パク・サムグ)会長のパワハラおよび不正暴露」集会を行う。アシアナの「機内食大乱」に触発された今回の事態が、大韓航空の場合のように、朴会長らトップ一家に対する疑惑を告発するという職員の意志と考えることができる。職員は6日午後6時、光化門の李舜臣(イ・スンシン)将軍像前で初めての集会のための準備を進めている。警察に集会の届出も出す計画だ。

  4日、韓国航空業界によると、アシアナ航空職員1000人余りが集まる「沈黙することをやめよう」という名前のカカオトーク匿名チャットルームに、6~8日に光化門広場で朴三求会長のパワハラおよび不正を暴露する集会を開くという公示が掲載された。このチャットルームは「機内食大乱」以降、アシアナをはじめとする錦湖アシアナグループ職員が自発的に作ったものだ。この日午前、参加上限人数の1000人に達したため、2つ目の匿名チャットルームが開設された。

  職員はこのチャットルームで「機内食大乱」の原因と会社側の現場対応の未熟実態を告発することはもちろん、下請け企業に対する不公正取引疑惑、錦湖グループ系列会社の不当支援疑惑、朴三求会長の私益詐取疑惑などを提起している。職員は集会で「機内食大乱」の原因になった機内食業者の変更過程で1600億ウォン(約158億円)の投資金誘致問題が絡んでいたことを指摘し、朴会長の経営問題を集中的に提起する計画だ。

  アシアナ職員は身分の露出を避けるために大韓航空職員連帯集会のようにマスクや仮面をかぶってアシアナユニフォームや黒の服を着ることにした。黒の服は、2日にアシアナ航空に機内食を納品している2次下請け協力企業代表Aさんが亡くなったことを悼むためだ。遺族と会社職員はAさんが機内食納品問題で圧迫を受けて苦しんだ末に極端な選択をしたようだと警察に説明していることが分かった。職員は追慕の意味で菊の花も準備するものとみられる。

  業界関係者は「6日の集会が実際に行われるかどうか、チャットルームにどのような情報提供や意見が寄せられるのか、見守らなければならない」とし「このチャットルームは大韓航空の事例のように利用される可能性があるとみられる」と述べた。これに先立って、大韓航空職員もオープンチャットルームを開設して、オーナー一家のパワハラを暴露をしたことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事