<サッカー>訪韓のマラドーナ氏…「31年前の太拳サッカーはっきり記憶」

<サッカー>訪韓のマラドーナ氏…「31年前の太拳サッカーはっきり記憶」

2017年03月15日13時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  訪韓したアルゼンチンの「サッカー英雄」ディエゴ・マラドーナ氏(57)に取材陣が写真1枚を出した。1986年メキシコワールドカップ(W杯)グループリーグの韓国-アルゼンチン戦で、マラドーナ氏が許丁茂(ホ・ジョンム)氏(現韓国プロサッカー連盟副総裁)に蹴られながら反則を受けている場面の写真だった。マラドーナ氏はすぐに反応した。

  アルゼンチンが3-1で勝ったこの試合の直後、世界メディアは「許丁茂がサッカーではなくテコンドーをした」とし「太拳サッカー」と呼んだ。マラドーナ氏は「けがをしたほとんどすべての場面を記憶しているが、写真の場面も大きな大会だったのですぐに思い出した」と説明した。

  マラドーナ氏は国際サッカー連盟(FIFA)U-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)本大会組み合わせ抽選(15日、京畿道水原)に出席するため13日に韓国入りした。マラドーナ氏は14日、水原(スウォン)華城行宮前の広場で行われた5対5のミニサッカー試合に出場した。パブロ・アイマール氏(38、元アルゼンチン代表)のチームとマラドーナ氏のチームは前・後半7分ずつゲームをした。1986年には選手として、また2010年南アフリカW杯では指揮官としてW杯でマラドーナ氏と対戦した許丁茂氏(62)はひざが良くないためミニサッカーに参加できなかった。許丁茂氏は「マラドーナ氏が悪い感情なく覚えていてくれた。(マラドーナ氏の)お腹がかなり出ているが、健康であってほしい」と語った。

  年も取り体重も増えたマラドーナ氏は現役時代のようなドリブルやシュートを見せることができなかった。動きは鈍かったが、ハットトリックを決めてチームを4-3の勝利に導いた。実際、マラドーナ氏にボールが渡ると、相手の選手が加減したおかげだった。

  マラドーナ氏は代わりにショーマンシップで雰囲気を盛り上げた。カメラに向かって吠えたり、「神の手」事件(1986年W杯イングランド戦の手を使ったゴール)を再現しようとして警告を受けた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事