【コラム】新大統領も朴正熙のように恥辱を受けるのか=韓国(1)

【コラム】新大統領も朴正熙のように恥辱を受けるのか=韓国(1)

2017年04月10日16時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  やはりキッシンジャーだった。トランプと習近平の首脳会談は、93歳のキッシンジャーの水面下の仲裁で実現した。1971年7月9日に秘密裏に周恩来に会って米中国交正常化のきっかけを作り、米中関係が険悪になるとトランプのメッセンジャーとして習近平に会った。46年前にキッシンジャーに米中和解の前哨作業を指示した人物はニクソンだ。李承晩(イ・スンマン)、朴正熙(パク・ジョンヒ)大統領を相手にし、朴正熙に屈辱を与えた人物だ。

  アイゼンハワー政権の副大統領ニクソンは54年7月26日、ワシントン空港に到着した李承晩夫妻を出迎えた。21発の礼砲がポトマック川の向こうまで響いた。米国の援助に依存する弱小国の指導者だったが、李承晩は演説で「米国がおじけづいて韓半島(朝鮮半島)統一の道はふさがったが、全知全能の神は我々の計画を必ず実現させるだろう」と声を高めた。

  李承晩一行がホワイトハウスに到着すると、アイゼンハワーは玄関の階段から下りてきて李承晩を出迎え、階段を上がって自分の妻に案内した。盛大な夕食会が続いた。わずか1年前の53年6月18日、李承晩は反共捕虜2万6000人を米国との相談なく解放した。韓国から手を引こうとする米国を韓米相互防衛条約締結で縛っておくための圧力カードだった。怒ったアイゼンハワーは一時、李承晩を除去する計画を立てたりもしたが、卓越した見識と愛国心を無視できず礼節を守ったのだ。ニクソンは回顧録で「共産主義者を扱ううえで李承晩より卓越した人物を見たことはなかった」と評価した。

  朴正熙に対するニクソンの態度は違った。2人は69年8月21日、カリフォルニアで首脳会談をした。ニクソンは出迎えもせず、ホテルの部屋で朴正熙を迎えた。夕食会に故郷の友人を同席させたりもした。朴正熙はひどい冷遇を受けた。1カ月前に「アジア人の安保は自ら守るべきだ」という「ニクソンドクトリン」を発表した直後だったが、在韓米軍が縮小対象という重大な事実を朴正熙には知らせなかった。ベトナム戦争の終息を公約にして大統領に当選したニクソンは「ニクソン・ドクトリン」を宣言したが、韓国政府は韓国だけは例外だと信じるあきれる状況が発生した。

  41年の日本の真珠湾奇襲を唯一予言した臨時政府の初代大統領だった李承晩の外交的洞察力が陸軍少将出身の朴正熙にはなかった。朴正熙はニクソンが野党時代の66年に韓国を訪問すると、適当に扱って食事も一緒にせず、コーヒー1杯を飲んで送り出した。ニクソンはアジア数カ国の旅行経験に基づき、67年にフォーリンアフェアーズに「ベトナム以後のアジア」と題して寄稿した。ニクソンは「長期的に中国が世界革命の震源地でなく偉大に発展する国として世界共同体に帰還するようにしなければいけない」と提案した。ベトナム戦終息を大統領選挙の公約とし、在韓米軍第7師団の撤収につながるニクソンドクトリンと米中国交正常化の予告編だったという事実を朴正熙政権の誰も知らなかった。

【コラム】新大統領も朴正熙のように恥辱を受けるのか=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事