ロシア産石炭なら不可能な安値…零細貿易商に疑問の落札(1)

ロシア産石炭なら不可能な安値…零細貿易商に疑問の落札(1)

2018年08月09日16時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮産石炭の輸入をめぐる疑惑が続いている中、石炭の入札価格をめぐっても業界で噂が出回っている。特に、物を納品したH社が提示した1トン当たり96ドル(約1万660円)に関するものだ。ある石炭業界関係者は8日「2016年からロシア産無煙炭の価格が上がり始め、昨年下半期には現地での購入価格が110ドル水準だったと覚えている」と話した。1トン当たり96ドルはこの関係者が伝えた現地の購入価格よりも安い価格だ。

  韓国南東(ナムドン)発電が昨年8月、公告を出した無煙炭4万トン輸入の公開入札には合わせて5社が応札した。H社は1トン当たり96ドルを提示した。残りの4社はそれぞれ123.96~142.4ドルまで供給価格を策定した。1トン当たり価格の差が27.96~46.4ドルまで広がる。

  H社の供給価格が他社に比べて22~32%安い。石炭関連業界では落札の結果に疑問を提起する。2位に脱落した会社が大規模の鉱山企業である「カーボワン(Carbo One)」だが、ある程度業力があってもこの会社よりはるかに低い供給価格で石炭を供給するのがそもそも不可能だという判断のためだ。H社は2014年11月、資本金5000万ウォンを投じて設立した小規模仲介商だ。就職ポータル「サラムイン」によれば、H社は2016年の売り上げ額38億7158万ウォンに営業利益6450万ウォンを記録した。一方、カーボワンはロシアで1~2位を争う鉱山会社だ。カーボワン側は自社のホームページを通じて「世界最大の石炭貿易会社として年間7000万トンを販売している」と主張する。納品価格を1トン当たり100ドルに換算するだけでも売り上げ額が70億ドル水準と推算される。H社が無煙炭の原産地だと申告した鉱山はロシアのケメロヴォ地域にあるが、カーボワンはこの地域で鉱山を10カ所以上保有していると知られている。

ロシア産石炭なら不可能な安値…零細貿易商に疑問の落札(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事