【コラム】オバマ大統領が韓国を抜いてアジアを歴訪するだろうか(1)

【コラム】オバマ大統領が韓国を抜いてアジアを歴訪するだろうか(1)

2014年01月22日10時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イラスト=カン・イルグ。
  4月に予定されたオバマ米大統領のアジア歴訪日程はまだ公表されていないが、ワシントンの専門家はオバマ大統領が日本は確実に訪問するとみている。台風30号で大きな被害を受けたフィリピンも訪問する可能性がある。インドネシアやマレーシアも歴訪国に含まれるかもしれないという観測だ。目を引くのはここに韓国と中国が抜けている点だ。しかし中国の場合、今年秋にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が予定されているため、オバマ大統領の訪問は既成事実と変わらない。

  なら、韓国はどうか。4月のアジア歴訪でオバマ大統領が韓国を訪問しなければ、朴槿恵(パク・クネ)大統領を深く落胆させるだろう。アジア太平洋地域の他の両友好国は訪問しながら一国だけを除くのは、実際には想像しがたいことだ。韓日関係が悪化し、北朝鮮がいつ挑発をするかも分からない現在のような状況であるだけに、なおさらだ。米国の有名な映画監督ウディ・アレン氏はこう述べている。「人生の80%はただ(その場に)現れることだ」。オバマ大統領は韓国に姿を現す必要がある。米共和党のマルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州)はこの論理をよく理解しているようだ。米上院の浮上するスター政治家であり、強大な外交委員会所属のルビオ議員は今週、初めてアジアを訪問する。ルビオ議員が訪問する3カ所は日本、フィリピン、そして韓国だ。アジアでの米国の核心同盟3カ国を訪問するということだ。

  オバマ大統領が4月に訪韓することになれば、まずは処理すべきことが多い。朴大統領とオバマ大統領は新年に入り、両国同盟関係に内在するリスクを直視しなければならない。韓米同盟関係を漂流するよう放置するところから始まるリスクだ。これはあってはならないことだ。両国は2012年と2013年に終えられなかったことが非常に多いからだ。

  例えば、両国は今月、防衛費分担特別協定(SMA)を決着させた。韓国は在韓米軍の駐留費用の分担金を年間約8億6600万ドルに増額することで米国側と合意した。過去に韓国で分担金執行の透明性に多くの疑問が提起された点を考えれば、新しく締結したSMAは韓国の国会で厳格な検証を受けると予想される。朴槿恵政権は新しい協定に対する支持を確実にする適切な雰囲気を作ることが非常に重要だ。これは韓米同盟の持続的な力の象徴となる可能性がある。

  いわゆる韓米間の「1-2-3交渉」も結論を出せていないものの一つだ。韓米は原子力協力協定を改定しなければならない。韓国はウラン濃縮と使用済み核燃料再処理の権利を要求している。しかし韓国は公開された市場で十分な量の濃縮ウランを購入できるため、こうした権利は必要ないというのが米国の立場だ。また米国内の不拡散支持グループは、韓国が核再処理能力とともに完全な核燃料サイクル技術を保有する場合、核拡散につながらないか懸念している。両国はこの交渉の終盤に協定満期を2年延長することにしたが、いかなる進展もなかった。時間はあまりない。

【コラム】オバマ大統領が韓国を抜いてアジアを歴訪するだろうか(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事