SEVENTEEN、1週間後に控えたワールドツアー「ODE TO YOU」観戦ポイント

SEVENTEEN、1週間後に控えたワールドツアー「ODE TO YOU」観戦ポイント

2019年08月23日15時26分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
SEVENTEENのワールドツアー「ODE TO YOU」ポスター
  韓国ボーイズグループSEVENTEEN(セブンティーン)のワールドツアー「ODE TO YOU」が最初の公演まで残り1週間となった。

  SEVENTEENは30日から9月1日までの計3日間、ソウルKSPO DOME(オリンピック体操競技場)で「ODE TO YOU」を開催する。13人のメンバー、3組のユニット(ヒップホップ チーム、ボーカルチーム、パフォーマンスチーム)、1組のチームという意味をこめたチーム名のSEVENTEENは多彩な舞台を準備中だ。チケットはオープンと同時に早々と全席売り切れを記録した。熱い声援に後押しされて公演演出および舞台構成に合わせて観覧可能な座席まで追加でオープンした。

  公演には、デビュー曲『Adore U』から『万歳』『VERY NICE』『CLAP』などアルバムのタイトル曲から収録曲まで、ファンに人気のナンバーが登場する。13人のメンバーが公演開始から最後まで見せる一糸乱れぬ多彩なグループパフォーマンスを通じて、多人数グループの長所を極限まで高める。一人一人の魅力が垣間見れる特別なソロおよびユニットステージ、ユニットの曲を互いに変えて歌うユニットリバースステージなど、SEVENTEENの公演だけでしか見られないユニークな演出も特徴だ。

  最近発売した『HIT』で破格的な変身に成功し、新たな世界へと音楽的な幅を広げているSEVENTEENは「ODE」というキーワードを掲げている。「解放されたメロディ」を意味する「An Ode 1:Unchained Melody」という題名の映像を公開して新たな拡張の始まりを予告し、『HIT』活動終了後には「恐れ」を意味する『An Ode 2:Fear』を公開して映像が意味するものへの好奇心を掻き立てている。SEVENTEENが「ODE」を通じて表現しようとしているものが何かに注目が集まっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事