【NOW!ソウル】韓国名店の味を仁川空港第2ターミナルで堪能!

【NOW!ソウル】韓国名店の味を仁川空港第2ターミナルで堪能!

2018年01月24日16時53分
[Copyright(c) KONEST]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
1月18日にオープンしたばかりの「仁川(インチョン)国際空港第2旅客ターミナル」には、韓国のご当地グルメを堪能できるグルメ店が多数入店しています。
  1月18日にオープンしたばかりの「仁川(インチョン)国際空港第2旅客ターミナル」には、韓国のご当地グルメを堪能できるグルメ店が多数入店しています。

  *続きは左の「写真拡大」をクリック。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 1月18日にオープンしたばかりの「仁川(インチョン)国際空港第2旅客ターミナル」には、韓国のご当地グルメを堪能できるグルメ店が多数入店しています。
  • 「麻薬パン」の別名を持つ「とうもろこしパン(1個、1,600ウォン)」で有名な大邱(テグ)のベーカリーチェーン「三松(サムソン)パンチッ」。1階到着フロアに入店しているので、ソウル市内までの移動中の小腹を満たすのにも◎。
  • 防腐剤無使用・韓国産小豆を使用した、こだわりのあんぱんを提供する「パッコダン」は、3階出国フロアにあります。「緑茶クリームあんパン」(1個、2800ウォン)は、甘さ控えめの小豆と緑茶クリームのハーモニーが絶品です。
  • 50年近くの歴史を持つ望遠洞(マンウォンドン)の餅屋「京畿(キョンギ)トッチッ」は、夏まで限定のポップアップストアとして入店。3階免税区域233番ゲート付近に位置しているので、フライトの待ち時間やお土産としての利用にもぴったりです(写真は本店の様子)。
  • 第2旅客ターミナルには、スイーツ店以外にも韓国料理専門のフードコートや韓国カフェなども多数入店しています。出国前や到着直後、すぐに味わえる韓国名店グルメを楽しんでみてください。