【コラム】人工知能もいいが韓国人「脳地図」プロジェクトから(1)

【コラム】人工知能もいいが韓国人「脳地図」プロジェクトから(1)

2016年03月30日10時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李世ドル九段と人工知能(AI)プログラムのアルファ碁の世界的対決に4勝1敗でアルファ碁が勝利し、グーグル「ディープマインド」が開発したAIの水準と今後の産業界に及ぼす影響などが国全体を強打している。具体的にAIと関連した学術・技術懇談会が雨後のタケノコのように開かれ、韓国政府もAI分野の投資をさらに積極的に増やすため5年間に3兆5000億ウォン(約3415億円)の研究開発予算を投じる予定だと発表した。

  しかし、もう少し人間に近く模写をしたり、単純に産業的に適用しようという目的ではなく、人類の健康に寄与するAI開発のためには前提条件がある。生きている人間の「本当の脳」の研究に対する投資が並行されなければならない。昨年基準として各官庁と脳研究関連研究所などに投じられた研究開発予算は1250億ウォン程度だった。

  他の国はどうだろうか。世界の脳研究はすでに2~3年前に本格的に始まっている。米国は2013年にオバマ大統領が直接米国の歴史上最大規模の研究プロジェクトである「ブレインイニシアチブ」を発表した。時に人間の頭脳活動のすべての経路と地図を完成する事業に10年間に30億ドルの研究費を投資することにした。欧州連合(EU)もやはり人間の脳に匹敵する規模と機能を備えた人工神経網を開発する「ヒューマンブレインプロジェクト」を2013年から始め、10年間に10億ユーロの研究費を策定した。

  もちろん韓国でも現在の脳科学研究に対し投資はされてはいる。カギは現在の科学技術を基に国レベルで未来社会の収益源として脳産業を育成できる戦略を策定し、これを実現できる巨大プロジェクトを支援することだ。

  隣国の日本も同様に悩み2014年に動物と人間の頭脳モデルの重要な違いを把握するために霊長類を対象に、疾病研究目的の統合神経工学地図を作るプロジェクトを始めた。年間30億円水準の研究費は米国やEUに比べると少ないが、特化した戦略により世界の神経科学分野で堂々と競争に飛び込んだ。

  筆者は韓国の脳科学分野の技術水準が最高技術保有国である米国の72%水準で、5.7年の格差があると考える。いまが巨大プロジェクトに投資しなければならない適正な時期だ。もっと遅れれば格差を減らすのは容易でない。いまわれわれは世界的神経科学戦争に参加するのか、そうでなければ先進国の脳産業技術を巨大なロイヤルティとともに輸入し未来を送るべきかを決めなければならない。

【コラム】人工知能もいいが韓国人「脳地図」プロジェクトから(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事