韓国で「求職断念者」50万人…過去最多

韓国で「求職断念者」50万人…過去最多

2015年02月21日10時15分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国で「求職断念者」が50万人に迫り、過去最多となった。

  韓国統計庁によると、1月の求職断念者は49万2000人と、前年同月比で25万5000人増えた。求職断念者は2010年2月に初めて20万人を超え、昨年3月には30万人を上回った。昨年5月に40万人に達した後、9カ月連続で40万人台が続いている。

  求職断念者とは、非経済活動人口のうち、就職を希望して過去1年以内に就職活動をした経験があるが、労働市場的な理由で職場を得られず、過去4週間は就職活動をしていない人をいう。

  統計庁は資格の保有など一定要件を満たした人に限り求職断念者に分類したが、昨年3月から集計方式がやや変更され、求職断念者が急増したと伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事