韓国GMの負債比率8万%→242%、販売回復がカギ

韓国GMの負債比率8万%→242%、販売回復がカギ

2018年05月31日13時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
31日に閉鎖する韓国GM群山工場の正門(中央フォト)
  韓国GM群山(クンサン)工場が31日に完全に閉鎖される。1996年に大宇自動車が準中型セダン「ヌビラ」1号車を生産してから22年ぶりだ。

  2月13日に米ゼネラルモーターズ(GM)が韓国GM群山工場を閉鎖すると発表した後、韓国GM事態は連日、新聞のトップ記事を飾った。31日の群山工場閉鎖で韓国GM事態は一段落するが、依然として解決すべき問題が山積している。

  GMが今年2月に群山工場閉鎖という極端なカードを取り出したのは、財務的に韓国GMの状況が深刻だったからだ。通常、負債比率が200%以内の企業を優良企業というが、2016年まで韓国GMの負債比率は8万5446%に達した。資産より負債が850倍も多かったということだ。昨年はポケットに穴(資本欠損、-1兆1514億ウォン)が開いて負債比率計算が不可能な状況になった。

  韓国GMの破綻を防ぐには直ちに兆ウォン単位の資金を注入しなければならなかった。115日間は、韓国GMをめぐる多数の利害当事者が韓国GMの「穴」をどう埋めるかを相談する期間だった。

  政府とGMは韓国GMの再建に必要な資金をどう分担するかをめぐり合意案を出した。ひとまず韓国GMの重荷となっている巨額の負債はほとんどGMが整理する。財務的にはすでに破綻状態だった韓国GMが生存できたのはGMが資金を貸していたからだ。その金額は3兆209億ウォン(約3050億円)にのぼるが、GMはこの資金を受けないと約束した。その代わり来月11日にこの金額の韓国GM株(優先株)を受ける(債務株式化)。

  負債を整理したからといって会社が正常になるわけではない。製品(自動車)を作って販売しなければならないが、材料を購入して工場を稼働させる資金がない。これをGMと韓国政府が持ち株比率に基づいて分担する。GMは来月27日、運営資金(8630億ウォン)を韓国GMに投入する。もちろん韓国GMはその代わりに2450万株を増資してGMに分配する。GMが約束を守れば韓国GMの2大株主の産業銀行も支援金を出す。来月28日に韓国GM株1191万株を受け、4045億ウォンを投入する。約束した今年の支援金(7億5000万ドル、約8100億ウォン)の半分ほどだ。

  3兆ウォンを超えていた負債が煙のように消え、1兆以上の現金で財布を満たせば、韓国GMは一気に優良企業に変わる。7兆5441億ウォンの負債(2017年末基準)は半分(4兆3363億ウォン)に減り、負債比率(241.9%)が改善する。

  財布は満たしたが、韓国GMが再建されたというより、すぐに破綻することはなくなったと見なければならない。以前のように営業損失を出せば、負債がまた重くのしかかってくるのは時間の問題だ。韓国GMの負債が膨らんだのは根本的に生産性があまりにも低かったからだ。2014年から昨年まで4年間に増えた負債だけでも2兆8256億ウォンにのぼる。

  したがってGMは今後、韓国GMが利益を出すという確信が必要だった。労働組合にコスト削減を要求した理由だ。これに対し韓国GM労働組合は本社の経営責任を労働組合に転嫁してはいけないと反発した。また、鉄パイプまで手に握ったのは群山工場閉鎖決定を覆そうという意図もあった。しかしGMが工場閉鎖方針を固めると、労働組合も引き下がるしかなかった。

  非正規職労働者との葛藤は今も続いている。雇用労働部昌原(チャンウォン)支庁は28日、韓国GM昌原工場で勤務する下請け会社所属の労働者774人全員が不法派遣者という勤労監督の結果を出した。これを受け、7月3日までに韓国GMはこの労働者をすべて直接雇用しなければいけない。これに対し韓国GMは「勤労監督の結果を綿密に検討する」という立場だ。

  群山工場は31日に閉鎖するが、これに関してもまだ問題がある。まずは群山工場として使用した土地だ。敷地は韓国GMの所有だが、群山から企業が次々と流出する雰囲気の中で買収者を見つけるのが容易でない状況だ。昨年末基準で群山工場の敷地の帳簿価格は約1300億ウォン。群山工場の敷地の活用案として▼第3者売却▼敷地賃貸▼委託生産工場運営--などが挙がっている。これに関し白雲揆(ペク・ウンギュ)産業通商資源部長官は10日、中央日報の記者に対し「5、6つのシナリオを考えている」と話した。

  人員の問題もある。約2000人(2月基準)が勤務していた群山工場の勤労者は大半が希望退職を申請した。しかし現在も約650人の勤労者が属している。韓国GM労使雇用安定特別対策委員会はこのうち約200人が別の韓国GM工場で勤務する案を検討中だ。計画通りに進んでも400人以上の勤労者は休職が避けられない。この場合、6カ月間は政府から雇用維持支援金(月180万ウォン)を受領しながら無給休職する。その後30カ月間は労働組合が共同負担して生計補助金(月225万ウォン)を支給する案を検討している。

  産業通商資源部に申請して返還された外国人投資地域指定申請もまだ結論が出ていない。韓国GMは4月26日、富平(プピョン)・昌原工場を外国人投資地域に指定してほしいと要請した。指定市租税減免などを受けるからだ。しかし産業通商資源部は4日、投資計画書を返戻した。韓国GMは書類を補完して再申請すると予想される。

  根本的に韓国GMの立て直しには収益が必要だ。結局、生産性を高めて販売を増やさなければ、また同じ危機を迎えるしかない。問題は韓国GM事態で営業網が崩れている点だ。韓国GM販売労働組合によると、韓国GM事態で代理店(300カ所→284カ所)営業網が縮小し、営業社員(2545人)も1000人ほど離脱した。

  国内販売(5378台、4月基準)が半減(53.2%減)した状況も変わらなければいけない。韓国GMは5年間に15モデルの新車を発売する計画だ。5月23日に軽車「スパーク」のマイナーチェンジモデルを発売したのに続き、来月は釜山モーターショーに中型SUV「エクイノックス」を出す。カゼム韓国GM社長は「膨大なグローバルシボレー製品ポートフォリオと国内生産車種を混合して韓国市場に出していく」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事