EXOカイ-SHINeeテミン-東方神起ユンホは努力派アイドル…1万時間以上もの練習量

EXOカイ-SHINeeテミン-東方神起ユンホは努力派アイドル…1万時間以上もの練習量

2014年02月17日15時12分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
(左から)EXOのカイ、東方神起ユノ・ユンホ、SHINeeのテミン。
  大韓民国を代表するアイドルは自然に作られたわけではなかった。

  16日に放送された「SBS(ソウル放送)スペシャル-決心1万時間」では、その分野のトップに立とうと練習と努力に汗する人々の話が公開された。

  特にこの日放送では、EXO(エクソ)のカイ、SHINee(シャイニー)のテミン、東方神起ユノ・ユンホら韓国を代表するアイドルの練習生時代の映像とそのバックグラウンドが公開されて目を引いた。

  カイは製作スタッフとのインタビューで「練習した時間は1万時間を越えているかもしれない。2万時間はならないだろうか」と話し始めた。続いて「その分野で1万時間の練習をすれば、少なくとも自分が進もうとする目標値は満たしているのではないかと思う」と話し、練習の重要性を強調した。また、彼は同年齢であるテミンがSHINeeとして先にデビューしたことについて、「私はテミンからダンスを習う立場だったし、当然(テミンより先には)デビューできないと思っていた」と打ち明けた。

  テミンは「友人の間でのニックネームは“音痴”だった。『お前の声は歌に向いていない。ダンスだけ踊っているべき』という言葉に歯を食いしばって歌の練習をした」とし、「今の歌唱力を手に入れるためにコツコツと練習した」と明らかにした。

  韓流アイドルの代表格である東方神起ユノ・ユンホは、13年前の自身の練習生時代の動画を見て「過去の自分に会うような感じがして、満たされる一方で胸にこみ上げるものもある」と過去を回想した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事