【社説】左右交互に点灯するのはハザードランプではない=韓国

【社説】左右交互に点灯するのはハザードランプではない=韓国

2017年08月31日09時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が30日、「太平洋に向けミサイル訓練をたくさんやる」と明らかにして追加挑発の意志を表わした。米国と日本を狙い中長距離ミサイルの発射を継続する意向を示唆したものだ。この日国連安全保障理事会は北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)発射を強力に糾弾する議長声明を全会一致で通過させた。中国とロシアまで賛成票を投じ、声をそろえて警告したことを物ともせず北朝鮮が民族共倒れを招く核挑発の意志を再確認した点を糾弾せざるをえない。

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、日本の安倍晋三首相と電話会談し、「対北朝鮮圧力を極限まで高める」ということで認識を共にした。しかし本当に重要なトランプ米大統領との通話は挑発から3日が過ぎても行われなかった。トランプ大統領は北朝鮮が挑発するたびに安倍首相と電話会談し、「日本と100%ともに進むだろう」と強調してきた。通話回数だけで10回だ。これに対し文大統領はトランプ大統領と2度通話しただけだ。韓半島(朝鮮半島)が韓国戦争(朝鮮戦争)以来最大の危機という状況で韓米首脳間の疎通がこんな水準ならば「コリアパッシング」の懸念が出てくるのも無理はない。

  北朝鮮は遅くとも来年初めまでに核弾頭を装着して大気圏再突入が可能な長距離ミサイル開発を完了するだろうというのが専門家らの見方だ。時間はない。韓国政府は文大統領の表現通りに対北朝鮮圧力を極限まで高め、中国を圧迫して追加挑発を防ぐのに全力を傾けなければならない。そのような努力が失敗し北朝鮮が「レッドライン」を越えれば、戦争でなければ米朝間の「ビッグディール」(平和協定)のどちらかひとつを選択しなければならない崖っぷちに追いやられる。韓国としては最悪の構図だ。

  金正恩金正恩は「米国の言動により今後も行動を決心するだろう」と話し対話の可能性を残しているとの分析が出ている。なおのこと韓国政府はTHAAD追加配備と対北朝鮮独自制裁着手などの行動で「強い圧迫」の真正性を立証しなければならない。それでこそ北朝鮮が挑発に負担を感じ対話に応じる公算が大きくなり、韓国が「運転席」に座る機会もできる。日米首脳の前では「強い圧迫」を念を押しながら後ろを向けば「対話」を叫ぶ態度では同盟には不信を、北朝鮮には皮肉を買うだけだ。いまは一貫してハザードランプを点灯しなければならない。左右交互に点灯するのはハザードランプではない。

  きのう輪郭が表われた周辺4大国駐在大使の人選も信じられない。趙潤済(チョ・ユンジェ)教授(駐米)、李洙勲(イ・スフン)教授(駐日)と盧英敏(ノ・ヨンミン)元議員ら全員が大統領選挙時の陣営関係者で満たされた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は大統領と外交哲学を共有し経験も豊富で指名したと説明した。しかし初めての安保危機状況で北朝鮮の核とTHAAD、慰安婦など高度な外交力が要求される懸案を学者や政治家出身の大使がしっかりと対処できるかは未知数だ。韓国政府は4大国駐在大使館に該当国の事情に精通した専門外交人材を前進配置し新任大使の業務遂行に支障がないようにしなければならない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事