ゴルフ選手柳簫然の父が滞納税金を納めながら公務員に送った文字メッセージの悪口

ゴルフ選手柳簫然の父が滞納税金を納めながら公務員に送った文字メッセージの悪口

2017年07月05日08時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女子ゴルフ世界ランキング1位である柳簫然(ユ・ソヨン)
  女子ゴルフ世界ランキング1位である柳簫然(ユ・ソヨン)の父、柳氏が滞納税金約3億ウォン(約2949万円)を完納した中で、柳氏が税金完納前後に担当公務員に悪口が入った文字メッセージを送ったことが分かった。

  4日、ソウル市によると、柳氏は先月30日、2001~2006年課された地方税と加算税の計3億1600万ウォンを16年ぶりに納めた。その過程で柳氏が担当公務員に「卑劣な徴収」「調査官様、出勤する時気を付けろ」などの悪口が入った脅迫のメッセージを送り、税金完納後「これまでご苦労様でした。これからもご健勝をお祈り致します」という公務員の挨拶にも悪口が入った文字メッセージを送ったと、韓国メディアの国民日報が報じた。

  また、柳氏は税金納付直後、国民権益委員会に「時効満了でなくなった税金をソウル市が受け取った」という内容の苦情も受け付けるなど、税金納付に対する不満を吐露したことが分かった。

  一方、柳氏は、ソウル市が数回にわたって地方税納付を要求したにもかかわらず、毎回納付する能力がないという理由で納税を回避してきた。だが、地方税の滞納事実がメディアに報じられ、柳氏は滞納額を一気に整理した。ソウル市の4月豪華生活者住宅調査によると、柳氏は高価の大型住宅に住みながらも税金を納めず、子供の名義で事業場を運営して相当な収入を上げていた。さらに、数十億ウォンのマンション2軒も子供の名義で保有していた。また、妻と数回にわたって海外旅行に行ってきたことが分かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事