海外就職希望1位国家は「日本」

海外就職希望1位国家は「日本」

2006年06月16日17時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  海外求職者が最も好む地域は日本と中国であることが分かった。

  就職ポータル「ジョブコリア」(www.jobkorea.co.kr)が3-5月、自社サイトで情報を探索した求職者の履歴書14万6288件を分析した結果、海外勤務を希望する人の割合は全体の15%(2万1987件)だった。

  希望国家(複数選択)は「日本」(29.9%)が最も多く、「中国」(26.1%)、「米国」(16.9%)、「カナダ」(6.4%)、「オーストラリア」(5.2%)などが後に続いた。

  同じ期間、企業の海外勤務人材募集は1419件で、前年同期に比べて32.7%増えた。 国別(複数選択)では「中国」勤務人材を採用するという企業が34.2%で最も多く、次いで「日本」(20.1%)、「米国」(9.4%)の順だった。

  ジョブコリアのビョン・ジソン・チーム長は「日本・中国は文化的、地理的に近いうえ、雇用が増えているという点を求職者らが分かっているようだ」と語った。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事