【噴水台】韓国人ではない韓国人

【噴水台】韓国人ではない韓国人

2017年03月15日10時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  白人のロバート・ケリー釜山(プサン)大教授が自宅書斎に座ってBBC放送との生放送で映像インタビューに答えている時、突然部屋に入ってきた2人の子供によって起きた一つの放送事故が国内外で人種差別論争を触発した。SNS等でこの動画を見ていた多くの人は、2人の子どもを慌てて部屋から連れ出した東洋人女性をベビーシッターだと思っていた。実はこの韓国人女性はケリー教授の妻だった。BBCは「BBCの取材中に子供が……なぜアジア人女性を乳母だと大勢が思い込んだのか」という記事で人種的偏見に関連した問題提起をした。

  韓国で韓国人に対して起きた一件だったからそうなのか、特に韓国ではこのような西洋人の無意識的な差別の視線に不快を表す反応があふれた。直接差別を受けたわけでもないのに、あの遠い国にいる誰かが心の中でそのような偏見を抱いているということだけでも、このように皆それぞれ不愉快に思った。では、その私たちはどうなのか。(白人でない)外国人は言うまでもなく、完全に韓国で生まれた近所の韓国子どもたちにさえ、その母親が貧国出身の移民者だと言って日常的に差別している。「差別しないで教える」というソウルの大東(テドン)小学校に多文化家庭子供たちが集まり、それがまた話題になるというのは、他の学校ではそれだけ激しい差別があるということではないか。

  単一民族という虚像が依然として私たちを押さえつけているせいでもあるが、事実、移民者と異邦人に対する差別はどこの国にも存在する。世界最高のレストランとして有名なデンマーク・コペンハーゲン「Noma」のオーナーシェフ、レネ・レゼピ(39)でさえ、ずっとそのような差別を日常的に受けてきた。マケドニア出身のムスリム移民者という理由で、学生時代から「バルカンの犬」とか「バルカンに消えろ」という侮辱的な言葉を聞かなければならなかった。

  ところが実にアイロニーだ。デンマークの人々から「自分の国に帰れ」という言葉を聞きながら異邦人扱いを受けたレゼピが美食の不毛地デンマークを世界美食業界の中心に据えたことだ。レゼピはデンマーク観光産業の地形図を変え、デンマークの食材の輸出曲線上昇にまで寄与するなど、これまでデンマーク生まれの誰もできなかったことをやり遂げた。デンマーク出身ではないデンマーク人レゼピがデンマークに大きく貢献しているように、いま韓国社会で差別を受けている多文化家庭の子どもが韓国の未来を背負うことになるかもしれないのだ。すでに在留外国人200万人時代に突入した。韓国人ではない韓国人と共に良い暮らしをしていく練習が必要な時点ではないかと思う。

  アン・ヘリ/ライフスタイルデスク
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事