<野球>林昌勇、シカゴ・カブスと契約予定

<野球>林昌勇、シカゴ・カブスと契約予定

2012年12月13日11時14分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
写真拡大
林昌勇(イム・チャンヨン、36)。
  林昌勇(イム・チャンヨン、36)が日本での生活を整理し、米プロ野球に進出する。林昌勇はシカゴ・カブスと契約するため、13日午前、米国に向けて出発する。予定通り契約が成立すれば、林昌勇は00年の李尚勲(イ・サンフン、中日からボストン)、05年の具台晟(ク・デソン、オリックスからニューヨーク・メッツ)に続き、韓国プロ野球から日本を経てメジャー入りする3人目の選手となる。

  先月末、林昌勇が所属チームのヤクルトと決別し、米国・日本のいくつかの球団からオファーを受けた。林昌勇は7月に右ひじの手術を受けたため、提示年俸は高くなかった。今シーズンの林昌勇の年俸は3億6000万円で、日本プロ野球で6番目に高かった。

  特に日本球団はヤクルトで5年間に128セーブをマークした林昌勇が再起する可能性を高く見ている。年俸をやや低めて契約すれば、リハビリが終わる来年夏には十分に活用できると判断した。

  しかし米国も林昌勇を望んだ。カブスなど4球団が交渉を望んだ。本来の速球に加え、日本で変化球の能力まで高めた点が評価された。またサイドアーム・スリークォーター、オーバースローの3種類で投げる投球フォームもメジャーの関心を引いた。

  各球団のオファーはメジャー保証契約ではないと伝えられている。メジャーでプレーする場合とマイナーでプレーする場合が異なるスプリット契約であるため、保証年俸は100万ドル以下と推定される。契約期間は1年または1+1年になるとみられる。日本の球団から受ける条件に比べるとよくない。

  しかし林昌勇は「新しい挑戦をする時になったようだ。リハビリ中なので条件は重要でない」とし「メジャーのマウンドに立つのが長い間の夢だった。米国で通算300セーブの記録を達成したい」と語った。林昌勇はカブスの関係者と会い、大きな隔たりがなければ契約書にサインして戻る予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事