<サッカー>朴智星が苦言「W杯で好成績出す意思あるのか」

<サッカー>朴智星が苦言「W杯で好成績出す意思あるのか」

2009年08月31日10時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  サッカー代表チームの主軸海外派が、代表チーム選出をめぐり大韓サッカー協会とプロサッカー連盟が起こした対立に苦言を呈した。

  普段から口数の少ない朴智星(パク・チソン、マンU)は異例の激しい反応を見せた。朴智星は30日(韓国時間)にイングランド・プレミアリーグでアーセナルとの4ラウンドを終えた後のインタビューで、「対外的にとても恥ずかしいことだ。いったいどこの国でAマッチの試合がある日にリーグの試合をできるのか疑わしい。協会と連盟のことだが、それにもかかわらず韓国がワールドカップで良い成績を上げようとする意思があるのか気になる」と声を荒げた。

  両団体の神経戦を批判する砲門は李栄杓(イ・ヨンピョ)がまず開いた。9月5日に開かれる豪州との親善試合を控え29日に帰国した李栄杓は、「マンUとの試合のためリーグの日程も変えながら、代表チームのために各チームから2~3人の選手を出さないというのは話にならない。こうしたことにプロ連盟が積極的に乗り出すのは韓国プロサッカー発展のためにはならないだろう」と指摘した。

  7月24日にFCソウルとマンUの親善試合のためプロ連盟がマンU戦と日程が重なるソウル・光州(クァンジュ)の試合を前倒しすることを認めた事実を指摘したものだ。

  李栄杓は積極的に不満を示した。「2~3人の代表選手が所属チームにそれだけ大きな影響を及ぼすなら、むしろより多くの選手を代表チームに送りチームに肯定的な影響を与えられるようにするべき。これまで日本や中国は多くの発展を遂げているのに、連盟は過去もいまも変わった点はないようだ」と述べ、「今回のことを通じて代表チームと韓国プロサッカーを愛する人が多いということを感じた。しかし本当に韓国サッカーを愛する人はいないようだ」と述べ、大乗的な次元からの協力を強調した。

【ホットクリック】

・ 【社説】日本の政権交代、普遍的な韓日関係の出発点になるべき
・ 李大統領「鳩山氏は言葉が通じる人」
・ 東方神起ジェジュンとユチョン、日本のカラオケの写真が話題に
・ ヨン様、「韓国の美をたどる旅」表紙を公開
・ ろうそくデモの直接被害1兆ウォン超える
・ 朴智星が苦言「W杯で好成績出す意思あるのか」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事