現代車「来年の日本自動車業界、円安で勢い…警戒」

現代車「来年の日本自動車業界、円安で勢い…警戒」

2016年12月23日13時40分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  来年のグローバル自動車市場では日本車が勢いに乗るという予想が出ている。

  パク・ホンジェ現代自動車グループ・グローバル経営研究所副社長は22日、ソウル現代車の社屋で開かれた「2017年世界自動車産業展望」セミナーで、「来年の競争地図で日本が相当な勢いを見せるだろう」と述べた。

  パク副社長は「2012年から始まった円安がまだ続いている」とし「円安が長期化すれば販促競争でなく製品競争力として表れる」と話した。続いて「来年1月のデトロイトモーターショーにトヨタ・カムリが出てくるが、本格的に円安の恩恵を受けるモデル」と説明した。

  パク副社長は、最近のルノー日産の三菱自動車買収やトヨタ-スズキの提携など日本ライバル企業の協力強化に言及し、「我々としては警戒せざるを得ない」と懸念を表した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事