北朝鮮が緊急作戦会議…金正恩「ミサイル射撃待機」

北朝鮮が緊急作戦会議…金正恩「ミサイル射撃待機」

2013年03月29日08時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)が29日深夜に作戦会議を緊急招集し、ミサイル射撃待機を指示した。

  朝鮮中央通信は29日午前0時30分、金正恩第1書記がミサイル部隊の作戦会議を緊急招集し、射撃待機状態に入るよう指示したと伝えた。

  金正恩のこのような指示は米軍のステルスB2機爆撃訓練に対する反発によるものと見られる。

  朝鮮中央通信によると、金正恩は「亜軍戦略ロケット(ミサイル)が任意の時刻に米国本土やハワイ、グアムをはじめとする太平洋作戦戦区内にある米国侵略軍基地、南朝鮮駐屯米軍基地に打撃を与えることができるよう射撃待機状態に入れ」とし「米国が南朝鮮上空に相次いでステルス戦略爆撃機B24を発進させたことは反共和国敵対行為が単純な脅威恐喝段階を越えて無謀な行動段階に入ったということを改めて見せている」と話した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事