韓国「国民女優」のキム・ヨンエ、膵臓がんで死亡

韓国「国民女優」のキム・ヨンエ、膵臓がんで死亡

2017年04月10日11時34分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優キム・ヨンエ。
  ドラマと映画で旺盛な演技活動を繰り広げてきた女優キム・ヨンエが膵臓がんで死亡した。享年66歳。

  所属事務所のスターヴィレッジエンターテインメントは9日「女優キム・ヨンエがこの日午前10時58分に死亡した」とし「故人は2012年、膵臓がん判定を受けて手術をしたが、2016年冬に健康が悪化して病院で治療中に愛する家族が見守る中で永久の別れを告げた」と明らかにした。

  1971年、テレビ局の公開採用タレントとしてデビューしたキム・ヨンエはまぶしい美貌で注目された。出演作だけで100本を超えるほど旺盛な活動をしてきた故人は2012年、膵臓がん判定を受け、手術を受けた後にも映画『弁護人』など多くの映画とドラマで演技を披露した。

  キム・ヨンエは自身の最後の力を注ぎ込んだKBS2ドラマ『月桂樹洋服店の紳士たち』が今年2月に放映終了された後、身辺の整理を始めた。彼は自らご霊前の写真や帷子で着るきれいな韓服を選び、葬儀の手続きなども全部決めておいたことが分かった。

  彼女は、2月初に韓国メディアの聯合ニュースとのインタビューで「私が直接整理してから行った方が気が楽になりそうだ」とし、「もうすべてを整理してすっきりしている」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ