韓経:「米国株は売った…北朝鮮開放なら韓半島が最も躍動的な市場に」

韓経:「米国株は売った…北朝鮮開放なら韓半島が最も躍動的な市場に」

2018年12月07日09時05分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ロジャーズホールディングスのジム・ロジャーズ会長
  ロジャーズホールディングスのジム・ロジャーズ会長(76)は「高く評価された株は売り、低く評価されている株を買うべき」とし「米国株はすべて売った」と述べた。

  ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスとともに世界3大投資家に挙げられるロジャーズ会長は5日、中国・北京で韓国経済新聞の単独インタビューに応じ、最近の投資戦略についてこのように語った。ロジャーズ会長は「米国株は過去最高値まで上がり、高く評価されている」と述べた。

  ロジャーズ会長は長期的な観点で中国と北朝鮮を有望な投資先と評価し、「米中通商戦争、企業の負債増加などで短期的には中国も成長率が鈍化するだろうが、株式は相対的に低いバリュエーション区間にある」と説明した。

  続いて「中国も不動産バブルと一部の製造業分野の供給過剰で危機を迎えるかもしれないが、全体的な金融危機には広がらない」という見方を示した。また「20世紀に米国は15回の経済的衰退を経験した。同じく中国もこれから何度か危機を迎えるはずだが、中長期的な見通しは楽観的」と話した。

  ロジャーズ会長は「中国に投資すべきというのは2、3年後の収益を期待するのではない」とし「20、30年後を眺めなければいけない」と強調した。「習近平国家主席が環境保護と貧困撲滅に力を注いでいる」というロジャーズ会長は、中国での有望な投資分野に環境・農業関連銘柄を挙げた。

  中国人民元は米ドルに対してはしばらく弱含みになるだろうが、他の通貨に比べると安定的だと予想した。ロジャーズ会長は「個人的に米ドルに続いて人民元を2番目に多く保有している」と述べた。ロジャーズ会長は北朝鮮が開放される場合、韓半島(朝鮮半島)は今後少なくとも20年間は世界で最も躍動的な地域になると予想した。

  ロジャーズ会長は「北朝鮮の改革と開放は投資家には非常に大きなチャンスになるとみている」とし「北朝鮮の豊富な人材と天然資源、韓国の知識と資本、ノウハウが結びつけば大きなシナジーを生み出すだろう」と分析した。北朝鮮の開放を念頭に置いて韓国のいくつかの企業にもすでに投資しているという。

  その一方で北朝鮮開放がいつになるかは予測しにくいと語った。北朝鮮、中国、ロシア、韓国はすべて開放を望むが、米国と日本が慎重な態度を見せているという理由からだ。

  ロジャーズ会長は「北朝鮮が開放される場合、どこに投資するのか」という質問に対し、「いま北朝鮮には何もないのであらゆる分野が有望だ」とし「中でも公共分野にまず投資したい。観光、物流、鉱山、電力などの分野が投資優先順位に入るだろう」と答えた。

  ロジャーズ会長は近いうちにアジアの時代が到来するとみて、2007年に居住地をニューヨークのマンハッタンからシンガポールに移した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事