「韓国航空機操縦士の海外流出が深刻…86%が中国行き」

「韓国航空機操縦士の海外流出が深刻…86%が中国行き」

2018年10月08日15時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  最近5年間、韓国操縦士の海外流出現象が深刻化していることが分かった。

  8日、国会国土交通委員会所属のソン・ソクジュン自由韓国党議員に国土交通部が提出した資料によると、2013~2018年外国航空会社に転職した操縦士が393人に達することが明らかになった。

  年度別で見ると、2014年24人から2015年92人、2016年100人、昨年145人へと最近3年間6倍以上急増した。

  航空会社別には大韓航空が166人(42.2%)で最も多く、▼アシアナ航空81人(20.6%)▼ジンエアー42人(10.7%)▼エアー釜山(プサン)41人(10.4%)▼済州(チェジュ)航空29人(7.4%)▼イスター航空26人(6.6%)▼ティーウェイ航空5人(1.3%)▼エアーソウル2人(0.5%)▼エアー仁川(インチョン)1人(0.3%)の順だった。

  転職国家では中国が全体の85.5%(336人)を占めた。これは最近、航空市場が急激に成長した中国が自主的に受給できない航空従事者の需要を周辺国である韓国から受給しているためだ。

  健康上の問題で退職する操縦士も増加している。

  最近5年間、身体検査で不適合判定を受けて操縦業務に従事できなくなった操縦士は146人となった。2014年34人から2015年29人、2016年20人に減ったが、昨年37人に急増したして今年不適合者判定を受けた操縦士は26人に達する。

  不適合の理由では視力の低下による不適合判定が71人(48.6%)で最も多かった。引き続き、循環器系28人(19.2%)、呼吸器系13人(8.9%)、神経精神系14人(9.6%)などが後に続いた。

  ソン議員は「熟練した操縦士の流出を防ぐためには健康問題から福祉の優遇まで徹底した管理が伴われる必要がある」として「日本、米国、中国などのように航空従事者の需要を予測して人材管理をしていくことが求められる」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事