米副大統領-金与正氏の会談、北朝鮮側のキャンセルで実現せず

米副大統領-金与正氏の会談、北朝鮮側のキャンセルで実現せず

2018年02月21日14時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ペンス米副大統領と金与正(キム・ヨジョン)北朝鮮労働党第1副部長が平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)中に青瓦台(チョンワデ、大統領府)で会談することを約束していたが、2時間前に北朝鮮側がキャンセルして実現しなかったと、ワシントンポストが20日(現地時間)報じた。朝米高官級の極秘会談を約束したが、直前に北朝鮮側が中止したということだ。

  米ホワイトハウス副大統領室によると、ペンス副大統領は平昌五輪開会式出席のための訪韓前に北朝鮮当局者らと極秘会談を約束し、訪韓最終日の2月10日に金与正副部長と金永南(キム・ヨンナム)北朝鮮最高人民会議常任委員長に青瓦台で会う予定だった。しかし約束時間の2時間前に北朝鮮側が中止を通知し、会談は実現しなかった。北朝鮮側はペンス副大統領が前日に脱北者に会ったほか、東京で新たな対北朝鮮制裁をすると発表したことに不満を表したと、副大統領室の関係者は明らかにした。

  アイアーズ副大統領秘書室長は「北朝鮮はペンス副大統領のメッセージを緩和し、平昌五輪を自分たちの宣伝舞台として譲歩を引き出そうとして会談にこだわったが、副大統領は歴訪初日に明らかにした通り美しい写真で殺人政権を目隠ししようとする戦略を阻止した」と述べた。

  ペンス副大統領は5日に米ワシントンを出発し、経由地のアラスカで「五輪期間は各訪問先で北朝鮮の真実を語り、南北合同チームが世界が孤立させるべき政権の実情を曇らせることがないようにする」と述べた。ペンス副大統領は「北朝鮮代表団との接触について会談を要請してはいないが、いかなることが起こるかは今後を眺める」と述べ、会談の余地も開いておいた。「誰に会おうと、私のメッセージは北朝鮮が完全に核・ミサイルの野心を放棄しなければならないということだ」と述べながらだ。

  当時すでにペンス副大統領と金与正副部長または北朝鮮当局者の極秘会談が予定されていたということだ。しかしペンス副大統領が8日、日本で安倍晋三首相と会談し、「最も強力で攻撃的な対北朝鮮制裁を近く発表する」と明らかにしたのに続き、9日には脱北者と韓国哨戒艦「天安」が展示された平沢(ピョンテク)西海(ソヘ)艦隊司令部で会ったことで、北朝鮮が会談を中止したというのがペンス副大統領側の主張だ。金与正副部長はペンス副大統領との会談を中止した代わりに、兄・金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の特使として文在寅(ムン・ジェイン)大統領に青瓦台で会い、平壌(ピョンヤン)訪問を呼びかけた。

  ペンス副大統領と北朝鮮側の極秘会談は約束にいたるまで2週間かかった。ホワイトハウスのある高官は、米中央情報局(CIA)が「北朝鮮がペンス大統領の訪韓中に会うことを望んでいる」という話を入手して会談が推進されたと伝えた。別の高官は「朝米間の仲裁の役割をしながら会談を取り持とうとしたのは韓国政府」と話した。

  米国が北朝鮮との極秘会談を最終決定したのは、2日にトランプ大統領、ペンス副大統領、マクマスター国家安保補佐官、ケリー秘書室長が出席したホワイトハウス執務室での会議でだ。CIAのポンペオ長官も電話で会議に参加した。マティス国防長官とティラーソン国務長官も一部の議論に加わった。

  トランプ大統領とペンス副大統領は「北朝鮮側と直接会ってトランプ政権の強硬な対北朝鮮の立場を伝える」ことを会談の目標に定めた。しかしペンス副大統領は出発前に会談の約束をしたものの、韓国に到着した8日まで具体的な日程は何も決まっていなかった。9日午後になってようやく10日午前に青瓦台で会うことを約束し、韓国政府の高官は同席しないことで合意したという。

  米国側はペンス副大統領と国家安保会議(NSC)代表、米情報機関の責任者、アイアーズ秘書室長が出席する予定だった。北朝鮮側からも金与正副部長と金永南委員長、そして当局者が出席することになっていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事