アウディ「A6」・トヨタ「プリウス」、“燃費誇張”で摘発=韓国

アウディ「A6」・トヨタ「プリウス」、“燃費誇張”で摘発=韓国

2015年01月06日08時43分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  輸入車であるトヨタのプリウスハイブリッドとアウディのA6 3.0 TDIの燃費が誇張されていたことが分かった。

  5日、韓国国土交通部によると、昨年実施した自己認証適合調査でこれら車種の燃費は表示燃費の許容誤差範囲(5%)を越えてそれぞれ10%以上誇張されたという結果が出た。アウディとトヨタ側は燃費が誇張されたという今回の調査結果に異議を唱えている。

  アウディA6の車両は、メーカーの要求で再検証まで経たがここでも燃費の誇張が確認された。一方、プリウスの燃費はまだ再検証されていないことが伝えられた。

  国土部側は「アウディとトヨタが燃費誇張を認めず、技術的な釈明手続きを進めているため結論が出るには時間がかかるだろう」と話した。

  今回燃費誇張が明らかになった「アウディA6 3.0 TDI」は昨年1月~11月の間に3459台が販売された。プリウスは同期間に1434台販売されている。

  国土部は2014年自己認証適合調査でこれらを含む14車種の燃費を検証した。このような検査を踏まえて燃費誇張の事実が明らかになった韓国GMは、昨年11月にシボレークルーズ1.8ガソリンモデルの公認燃費を訂正して消費者補償計画を発表した。クルーズとA6、プリウスの他に燃費が誤差範囲を越えた車種はないことが分かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事