<北朝鮮ICBM>「発射成功」 米国に心理的な宣戦布告(1)

<北朝鮮ICBM>「発射成功」 米国に心理的な宣戦布告(1)

2017年07月05日07時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は独特の字で「党中央は大陸間弾道ロケット試験発射を承認する」という文書に署名した。日にちは7月3日。そして北朝鮮の国防科学院は7月4日、「火星14」大陸間弾道ロケットの発射成功を発表した。国防科学院は試験発射が最大高角で行われ、頂点高度2802キロまで上昇し、933キロを39分間飛行したと発表した。金正恩委員長が今年の「新年の辞」で述べた通りだ。

  国際航空連盟は地上100キロ以上の空間を宇宙と定義する。このため「火星14」は疑いの余地なく宇宙を飛行する大陸間弾道弾(ICBM)だ。意図的に米国の独立記念日に合わせて米国が核兵器よりも警戒するICBMを発射したのは、米国に対する心理的な「宣戦布告」だ。

  それは韓国と米国に送る深刻なメッセージだ。米国と国際社会がどれほど強い圧力を加えても核弾頭を米国本土に運ぶ大陸間弾道弾の開発を放棄しないという宣言だ。器官のない身体はない。ICBMという身体を持てば、そこに入る機関である小型弾頭を作るための6回目の核実験も遠くないと見なければいけない。

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮崩壊論者のアジトである米戦略国際問題研究所(CSIS)で演説し、(1)北朝鮮の政権交代は望まない(2)北朝鮮を攻撃する意図はない(3)人為的に統一を加速化しない--と宣言してから1週間も経たないうちに金正恩委員長が最強のパンチを飛ばした。文大統領はトランプ大統領との会談で、北朝鮮の核・ミサイル問題を軍事的に解決しない、北朝鮮問題解決の主導権を韓国が握るという同意を受けた。

  金正恩委員長が参観した中で実施された「火星14」発射は、文在寅-トランプ合意を根本から揺さぶる。文大統領はワシントンで苦労して対北朝鮮先制・予防打撃論と金正恩体制崩壊論を静めた。金正恩委員長の昨日の挑発はワシントンの雰囲気を180度変えるだろう。北朝鮮に拘束されて帰国した大学生の死亡に憤る米国だ。北朝鮮先制打撃論と崩壊論が再び台頭しても驚くことではない。しかし戦争の再発を心配しなければならない。先制攻撃→北朝鮮の報復→戦争の公式が生きているからだ。

  韓米両国政府は原点から北朝鮮の新たな次元の挑発への共同対応策を最優先に準備する必要がある。米国は中国にすべての経済的手段と台湾カードまで取り出してでも中国を強く追い込まなければいけない。韓国もTHAAD(高高度防衛ミサイル)報復の緩和や解除にこだわる時ではない。

  中国にはっきりと要求するべきだ。北朝鮮に対する石油の供給を中断しろと。中国が石油供給さえ中断すれば北朝鮮のすべてのシステムは崩れる。狡猾で無責任な中国。米国は国際社会とともに中国が北朝鮮に実質的な行動を取るように圧力を加えるべきだ。

<北朝鮮ICBM>「発射成功」 米国に心理的な宣戦布告(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事