風雲児坂本龍馬の墓、「京都の靖国」に変わる(1)

風雲児坂本龍馬の墓、「京都の靖国」に変わる(1)

2018年07月04日10時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「地方の靖国」のひとつ京都霊山護国神社の入口。「明治維新の風雲児」である坂本龍馬の墓と太平洋戦争戦犯の無罪を主張したインド人パール判事を賛える碑石がともにある。
  最近訪れた日本の昔の都の京都には150年前の明治維新の痕跡があちこちに残されていた。明治維新は日本の近現代史と富国強兵の始まりだ。1603~1867年の264年間日本を支配した徳川幕府が倒れ、幅広い改革を通じて天皇中心の中央統一権力が新たに成立した。江戸幕府は領主である大名が地方をさまざまな藩として治める封建制、士農工商の身分制、オランダとの制限的貿易を除いた鎖国が特徴だった。1853年に米国のペリー艦隊が江戸湾に進入した後、幕府が無気力に不平等条約を結んで開港するとあちこちで不満が爆発したのが契機だ。多様な議論と対立を経た末に経済力と軍事力を持つ雄藩の薩摩(現鹿児島県)と長州(現山口県)が1866年に連合して幕府に決定打を与えた。

  薩長同盟と呼ばれるこの連合を斡旋した人物が「維新風雲児」と呼ばれる坂本龍馬(1836~1867)だ。彼は同じ土佐藩出身の中岡慎太郎(1838~1867)とともにこれを成功させたが、翌年に2人とも何者かに暗殺された。この2人の墓は故郷ではなく意外にも京都にあった。京都東部の霊山護国神社で彼らの墓を探した。2人並んで埋められた墓は素朴で、墓碑は歳月で色あせている。墓を眺めていると女子中学生3人が来て参拝した。司馬遼太郎の人気小説『竜馬がゆく』と、2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』など多くのドラマで封建制度を打破し万人が平等な世の中を夢見た青年として描写された龍馬の墓なのでそれだけのことはある。

  問題は場所だった。案内書によるとここは「地方の靖国」と呼ばれ、日本全域に52カ所ある護国神社のひとつだった。霊山護国神社は戦没者の遺骨や英霊を安置し追慕する施設にとどまらなかった。目に付いたのはインド人法律家のラダ・ビノード・パール(1886~1967)を賛える大きな碑石だった。太平洋戦争終戦後46~48年に東京で開かれた極東軍事裁判に参加した11カ国12人の裁判官のうち唯一日本人戦犯全員の無罪を主張した人物だ。太平洋戦争1級戦犯を合祀した東京の靖国神社とともに日本に2カ所あるというパール判事の顕彰碑だ。近くには大東亜戦争記念碑が立てられていた。明治維新の契機を作った坂本龍馬の墓が靖国神社にあるのと変わらない格好だ。日本の近現代侵略の過去史を否定し明治維新で薄めようとしている感じを与えるのに十分だった。

風雲児坂本龍馬の墓、「京都の靖国」に変わる(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事