<サッカー>完敗に衝撃の日本…W杯出発前に声援でなくブーイング

<サッカー>完敗に衝撃の日本…W杯出発前に声援でなくブーイング

2018年05月31日10時27分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2018ロシアW杯の日本代表ユニホーム(写真=JFA)
  サッカー日本代表が2018ロシアワールドカップ(W杯)を控えた国内での壮行試合でガーナに完敗し、失望したファンからブーイングを受けた。

  西野朗監督が率いる日本代表は30日午後7時25分、横浜の日産スタジアムでガーナと対戦し、0-2で敗れた。前半9分に先制ゴールを許した日本は、後半6分にもPKを与えて失点した。

  今回の対戦はロシアW杯を控えて国内最後の強化試合であり、日本サッカーファンの失望感は大きかった。期待以下の内容で得点もできなかった日本代表に多くのファンがブーイングを浴びせた。

  スポーツ報知は「過去W杯前の国内壮行試合で0―2で敗れるのは、2010年南アフリカ大会前の韓国戦(朴智星、朴主永が得点)以来のワースト」とし「この日の日本はチャンスらしいチャンスを作ることはできず、課題を抱えたままロシアへ出発することになった」と伝えた。

  日本代表はW杯を2カ月後に控えた時点でハリルホジッチ監督を更迭した後、西野前技術委員長を監督に就任させる破格的な選択をしたが、今回の敗戦でW杯に対する期待感より悲観論がさらに強まった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事