韓国、太陽光を第2の半導体・造船産業に

韓国、太陽光を第2の半導体・造船産業に

2010年10月14日11時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李明博(イ・ミョンバク)大統領は就任初期から「グリーン成長」を強調してきた。しかし「グリーン成長」を率いる再生可能エネルギー分野の競争力は、先進国はもちろん、中国にも劣るのが現実だ。

  しかし希望がないわけではない。政府レベルの大々的な再生可能エネルギー育成策が用意されているからだ。4年間に官民合同で40兆ウォン(約3兆円)を投資しながら核心技術とグローバルスター企業を育成し、これを通して輸出362億ドルと11万人の雇用を創出するというのが政府対策の核心だ。

  知識経済部は13日、李明博大統領の主宰で開かれたグリーン成長委員会でこうした内容の再生可能エネルギー産業発展戦略を報告した。環境部も2020年までに3兆4000億ウォンを投入、世界的な水関連企業8社を育成し、3万7000人の雇用を創出するという内容の「水産業育成戦略」を発表した。ミネラルウォーター事業が集中育成され、地方自治体に任せていた上水道を水資源公社など専門企業に委託することにした。

  ◇第2の半導体・造船産業に=官民の投資金の相当数が核心技術研究開発(R&D)に投入される。再生可能エネルギーの中でも可能性のある分野を集中支援するというのが政府の腹案だ。太陽光がその筆頭だ。開発対象の10大核心技術のうち4つが太陽電池用薄膜など太陽光分野から選ばれた。

  海外輸出は風力が主軸だ。特に潜在力が大きい海上風力を輸出産業に育てるため、2013年までに西南海岸に100メガワット級実証団地を構築することにした。

  このほかにも年間1億ドル以上を輸出するグローバルスター企業50社を集中育成する。土地が不足した韓国の実情を考慮し、郵便局・港湾・学校・軍隊・発電所・産業団地など公共施設物をすべて再生可能エネルギーの場として利用する10大グリーンプロジェクトも推進される。

  ◇急成長する市場=世界的にも低炭素グリーン成長が注目され、再生可能エネルギー市場が爆発的に成長している。知経部によると、昨年1629億ドルだった再生可能エネルギー市場規模は、2015年に4000億ドル、2020年には1兆ドルまで拡大する見込みだ。他の産業と同じくこの市場も先進国の角逐の場だ。太陽光は米国、風力はドイツ・デンマークが強い。

  注目すべき点は中国の成長速度だ。中国は広い土地、安い賃金などを武器に物量攻勢をかけている。昨年だけで346億ドルが再生可能エネルギー分野に投資された。これを受け、中国企業は急速に競争力を高めている。中国のサンテックは太陽電池モジュール分野で世界2位に浮上し、風力ではシノベルが3位まで成長している。


【ホットクリック】

・【グローバルアイ】「中国ハクサイ」の中に隠されたFTAメッセージ
・政府、日本の‘市場介入’発言に強力抗議
・韓国車の安全度、世界レベルに
・ユ・ジテ「オールドボーイ撮影当時に性交渉しないと宣言」
・平壌でもハンバーガーが人気…予約なければ食べられず
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事