「Kビューティー」熱風に刺激された? 北朝鮮化粧品が変身中(2)

「Kビューティー」熱風に刺激された? 北朝鮮化粧品が変身中(2)

2018年07月04日10時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  革命的変化が起きたのは金正恩時代に入ってからだ。軽工業製品の質向上とあわせて外国製を好む「輸入病」打破を強調した金委員長は化粧品を主なターゲットとした。2015年2月に平壌化粧品工場を訪れた金正恩は「外国産マスカラは水に入っても落ちないが、我々のはあくびをしたたけでパンダ目になる」と叱責した。アイメイク製品に防水効果が不足していて、目尻が黒くにじむ現象を指摘したのだ。

  目を引いたのは化粧品と関連して金正恩が非常に具体的に問題点を指摘している点だ。これについて夫人の李雪主と妹の金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長が後進的な化粧品生産施設と品質に対する女性の不満足を直言できるためではないかと言われている。実状をそのまま伝えていることも異例のことだ。2013年には金正恩と夫人の李雪主が平壌のあるショッピングモールを視察する場面が北朝鮮テレビに公開されたが、韓国ブランド「LANEIGE(ラネージュ)」の看板が確認されたりもした。

  北朝鮮の経済事情から考えると、化粧品はぜいたく品に近い。平壌のショッピングセンター、光復通り商業中心では、化粧水や乳液など6品目で構成された「未来」ブランドの化粧品セットが北朝鮮ウォンの36万5100ウォンで販売されている。一般的な労働者の月給(3000ウォン水準)で10年間貯金しなければならないほどの値段だ。1ドル=8000ウォン前後の闇ドル相場で換算しても45ドル(約4967円)水準だ。ドルを手に触れることができる特別な階層でなくては買えない。それでも化粧品の需要は高級輸入品を中心に増加傾向だ。韓国統計庁によると、2009年132万6000ドル(現レートで約1億4640万円)水準だった北朝鮮の化粧品輸入額は2014年に1138万ドルと大きく膨らみ、制裁の真っ最中だった2016年にも990万ドル台を記録した。

  金正恩委員長はランコムやシャネル、資生堂のような世界的なブランドに言及しながら北朝鮮化粧品の品質向上を注文している。2015年2月、平壌化粧品工場に訪問した時は「ウナス化粧品の人気がなかなかよいが、これに満足せずに世界的に名が知られている製品と堂々と渡り合えるように闘争せよ」と話した。先頭を守っている新義州化粧品工場は「ポムヒャンギ」(春の香り)という商標を掲げ、化粧水や乳液はもちろん、アンチエイジング製品や香水、リップスティックなどに品目を拡大している。最近、中朝辺境地域を訪れた東亜(トンア)大学のカン・ドンワン教授は「開城(ケソン)の高麗人参成分の紫外線遮断機能製品や美白・シワ改善を前面に出した粉クリームが売れていた」とし「特に粉クリームの場合、韓国や西側国家で通用する『BB(blemish balm)』という名称をそのまま表記していた。海外市場を念頭に置いたものとみられる」と紹介した。

  北朝鮮の化粧品市場規模は2016年基準7200万ドルで、韓国の0.6%水準しかない。だが、李雪主・金与正をまねる風潮に、新興富裕層である「銭主」の登場、開放風潮などから力を得て成長が見込まれている。ブルガリの香水は「賄賂1号」として席を占めているというのが高位脱北要人の言葉だ。ここに韓国化粧品の優秀性が裏付けられた「K-ビューティー」まで加勢した。「下の地域(韓国)の化粧品を記念品としてもらうと、いいところに嫁に行ったとうわさされる」と言われるほどだ。市場では韓国製BBクリームが「言い値が買い値」というほど人気だ。平壌進出を視野に入れている韓国関連業界の心を浮き立たせるような動きだ。

  イ・ヨンジョン/統一北朝鮮専門記者兼統一文化研究所長

「Kビューティー」熱風に刺激された? 北朝鮮化粧品が変身中(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事