<ロッテ経営権紛争>親族3人が長男の辛東主側に(2)

<ロッテ経営権紛争>親族3人が長男の辛東主側に(2)

2015年07月31日11時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  辛総括会長と最初の夫人の故ノ・スンファ氏の間に生まれた辛英子理事長は今日のロッテ百貨店を育てた主人公だ。73年にロッテホテルに入社し、79年のロッテ百貨店設立当時も父と一緒にした。その後、ロッテショッピングの成長に30年近く力を注いだが、2006年の上場を控えては登記役員から抜けた。

  辛東彬会長は登記役員を維持した。2012年には経営から退き、ロッテ福祉財団・ロッテ奨学財団・ロッテ三同福祉財団など社会貢献活動のみ担当している。辛理事長と日本に同行した娘の張ソン允(チャン・ソンユン)氏(44)もソウル明洞(ミョンドン)「AVENUEL」開館を主導するなどロッテショッピングの取締役として活躍したが、一線を離れて昨年10月にロッテホテル常務に復帰した。

  これと直接・間接的に利害関係が絡んでいる会社もある。ポップコーン・コーラ流通をするシネマフード・シネマ通商だ。辛理事長が持ち株比率30%前後、張ソン允常務をはじめとする子どもが20%ほどを保有する「家族会社」だ。しかし辛宣浩社長もシネマ通商に9.43%、シネマフードに5.44%の株式を持つことが確認された。ロッテシネマの売店運営を通じて2012年の売上高が約250億ウォン(約27億円)のこれら会社は、2013年2月にロッテシネマが売店を直営することに方針を変え、事実上閉鎖された。「財閥一家の独占」に対する非難世論による措置だったが、会社が受けた打撃は大きかった。昨年の売上高は0ウォン、営業損失額は約5億ウォンだ。

  辛東仁代行も弟の辛東立(シン・ドンリプ)元ロッテホテル代表(65)が昨年7月にシネマフードに登記役員であり、関係がある。辛東彬会長が浮上すると、弟もホテル代表就任1年後の2008年、ロッテ大山油化の顧問に退いた。昨年ロッテ球団が選手をホテルのカメラで監視したとして波紋が広がった後、辛会長が「球団への介入を自制してほしい」と要請したことに対しても、辛代行は遺憾を感じているという。

  辛東彬会長に家族・親戚が背を向けた格好だ。30日に韓国に来た辛東主・東彬兄弟の実母、重光初子氏(88)の動きに関心が集まる理由だ。この日、重光初子氏は「昭夫(辛東彬)か、宏之(辛東主)か」「なぜ韓国に来たのか」という取材陣の質問に何も答えず、夫がいるソウル小公洞のロッテホテルへ向かった。重光初子氏の立場は兄弟が争うことなく各自の事業をすることを望んでいるという。

  ◆サンサス=辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)ロッテグループ総括会長の3番目の弟、辛宣浩(シン・ソンホ、重光宣浩)社長が経営する食品会社。麺を製造・販売している。1972年に設立され、本社は東京。大阪・名古屋など全国4カ所に支店と工場がある。職員190人、資本金2億7000万円規模。

<ロッテ経営権紛争>親族3人が長男の辛東主側に(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事